ゆっくり~ゆったり~すろ~すとれっち

スローストレッチとは、その名の通りゆっくり行う運動のことです。

筋肉をゆっくり伸ばして筋線維の1本1本を柔らかくし、筋肉の柔軟性を取り戻すスローストレッチは、面倒くさがりや運動が苦手な方にぴったりの方法です。

1日たった10分程度の時間で基礎代謝をアップさせることが出来ます。

il_center_02

股関節スローストレッチのやり方

股関節スローストレッチは、股関節に意識して行うことが大切。

股関節に効果的なスローストレッチの方法をご紹介します。

アキレスストレッチ

片足ずつアキレス腱を伸ばすストレッチをします。

アキレス腱をしっかり伸ばして後ろ足のかかとを床につけます。

ウォーキングストレッチ

足踏みをするようにしっかりと膝を上に上げて後ろ側のヒジを肩からしっかり引きます。

インナーマッスルストレッチ

アキレスストレッチをさらにハードにしたストレッチです。

前にしっかり体重をかけて股関節の筋肉を伸ばします。

股関節をしっかり伸ばすのがポイント。

  [スポンサードリンク]

スローストレッチのダイエット効果

スローストレッチが直接ダイエットにつながるのではなく、ストレッチによって股関節の歪みが治り、
内臓や筋肉などが正常に働くことで、結果としてダイエット効果が期待出来るのです。

股関節スローストレッチが腰痛を緩和

股関節スローストレッチをすることで、肩こりや腰痛を緩和することができます。

股関節がこわばりが全身の歪みを引き起こし、肩こりや腰痛を起こすことから、ストレッチで股関節を弛ませれば、これらの症状が緩和されるというわけです。

スローストレッチを効果的に行うには

股関節スローストレッチには原則器具は不要です。

ダンベルなどを両手に持ってストレッチを行えば負荷がかかり、ストレッチとともに腕などを引き締める効果が期待出来ますが、初心者は何も持たずストレッチのみで十分です。

より高度なストレッチをしたいなら、
スローストレッチとバランスボールを併用してみましょう。

開脚した部分にボールを挟んでストレッチしますが、バランスをとりながらなのでかなり高度な方法です。

椅子をつかってスロートレーニング

背もたれのある椅子を使って出来るスロートレーニングをご紹介します。

① 背もたれのある椅子の前方に座って足を床から離し1秒止めます。

② 息を吐きながら太ももを胸に引き寄せ、息を吸いながら①の姿勢に戻します。

スローストレッチはゆっくりと無理なく行うのが基本。

ストレッチが習慣になることでリラックス効果も得られますので楽しみながら継続していきましょう。