「朝シャン」とは、朝起きてシャンプー(洗髪)することで、「朝シャン」という言葉は、1987年の新語・流行語大賞の新語部門の表現賞に選ばれました。

当時、朝ご飯を食べずに髪を洗う女子高生が話題となり、朝シャンという言葉が定着しました。

朝シャンのメリット、デメリット

朝シャンのメリットは、

・気分がシャキッとする
・寝癖が簡単になおる
・シャンプーのいい香りで一日が始まる

などがあげられます。

一方、朝シャンのデメリットは、

・朝は忙しいので、時間がない
・抜け毛の原因になる、ハゲる

などがあげられます。

20135514026

朝シャンはハゲるって本当?

朝シャンのデメリット「抜け毛、ハゲる」って本当なのでしょうか?

その根拠は複数あります。

朝は忙しいため、洗髪をしっかりとできないことが多いです。

シャンプーをしっかり落とさずに、髪に残してしまったり、慌ててゴシゴシと強い力で洗い、頭皮を傷つけてしまったり、また、ドライヤーで髪をしっかり乾かさなかったりすると、髪にダメージが加わり、抜け毛の原因になります。

また、人は髪を伸ばすために、朝3時~9時の間に髪の毛穴が開くということがわかっています。

その毛穴が開いている時間に洗髪すると、開いた毛穴にシャンプーが詰まってしまい、きちんと落とせません。

そして、朝シャン派にも、夜も朝もシャンプーする人と、朝だけシャンプーする人に分かれますよね。

夜も朝もシャンプーする場合、洗いすぎによる髪や頭皮のダメージが気になります。

朝だけシャンプーする場合、22時~2時は髪が成長する時間ですので、この時間に髪や頭皮に汚れが付いていると、髪が正常に成長できません。

朝シャンでハゲる、と言うのは根拠があることなのです。

  [スポンサードリンク]

朝シャンの正しいやり方

デメリットはわかったけど、でもやはり朝シャンしたい人もいますよね。

メリットにあげましたが、気分がスッキリしますから、一日を気持ちよくスタート出来ます。

そのために、正しい朝シャンのやり方を紹介します。

まず、夜にシャンプーして、寝ている間も髪を綺麗にしておきます。

そして、朝は早起きして、朝シャンする時間をしっかり取ります。

洗髪は丁寧に、地肌をゴシゴシしすぎないことが大切です。

最後に、ドライヤーで髪を乾かします。

髪が濡れたままだと、風邪もひきやすくなりますから、しっかり乾かしてください。

さらに、使用するシャンプーをアミノ酸系のシャンプーに変えると、頭皮への刺激が少なくなるため、ダメージを最小限にすることができます。

人気の商品は例えば、天然アミノ酸系シャンプー「アロマのやさしさ」がありますね。

これを守れば、朝シャンしても大丈夫ですよ!