ハロウィンに手作り衣装で子供を仮装させたい!作り方は?

ハロウィンといえば、大人も子供も楽しみなのは
仮装ではないでしょうか?

でも子供はどんどん成長してしまうから、
ハロウィン1日の為に高い衣装を買うのはもったいない。

それなら、手作りしてしまいましょう。

ということで、今回は子供のハロウィン衣裳の
手づくり方法をご紹介しましょう。

20130906_18

とっても簡単なお化けの衣装の作り方

ハロウィンといえば、カボチャやお化け、
魔女などを思い浮かべますね。

この中でも一番簡単に作れそうなイメージは・・・やっぱりお化け。

そこで簡単なお化けの衣装をご紹介します。

準備するもの

・大きな白い布

・小さな白い布

・黒のフェルト

作り方

先ずは大きな白い布の中心に
子供の頭が通るくらいの穴をあけましょう。

この時、大きすぎると脱げてしまうので、
何度か子供の頭を通してみて
ちょうど良い大きさにしましょう。

次に小さい白い布は三角布の大きさにします。

そして大きな白い布の前面に来る部分に
フェルトで目と口を貼り付けます。

お化けの目と口のデザインは
ネットなどを参考にすると良いでしょう。

これで完成です。

お化けの布をかぶって三角巾をかぶれば
かわいいお化けに変身です。

これなら男の子でも女の子でも大丈夫ですよ。

  [スポンサードリンク]

とっても簡単かぼちゃTシャツ

もっと簡単にハロウィン気分を味わいたいなら
かぼちゃTシャツがオススメです。

準備するのはオレンジ色のTシャツと黒のフェルトだけ。

オレンジ色のTシャツに黒いフェルトで
かぼちゃの目と鼻と口をかたどって貼ればいいだけ。

100均で売っている三角帽子をプラスすれば、
それだけでハロウィン気分になれますよ。

準備するものは少ないけれど本格的なミイラの衣装

ハロウィンにミイラの衣装を着ている子をよく見かけます。

実は手づくりだったりするんですよ。

用意するものは、大きな白い布と赤い絵の具。

白い布は細長く裂いていきます。

前日までにじゅんびするのはそれだけ。

当日は白いTシャツやパンツをはいた上に
この裂いた白い布をくるくると巻いていきます。

そしてところどころに赤い絵の具で
血のような模様を書けば出来上がりです。

頭にも巻いたら本格的になります。

これ、とっても簡単なので
特に男の子にはオススメですよ。

いかがですか?

ハロウィン衣裳を手作りするのって思ったより簡単でしょう?

技術よりもお母さんのアイデアで楽しい衣装ができますから、
いろんなアイデアを出してみてくださいね。

ネットでもいろいろなアイデアを貰えるので
そこから手作りできそうなものを見つけてもいいでしょう。