袋田の滝の紅葉について。見頃はいつごろ?おすすめスポットは?

秋と言えば紅葉ですが、日本全国に紅葉の名所がたくさんあります。

今年はどこの紅葉を見に行こうかと考えますよね。

日本の三名瀑の一つ袋田の滝の紅葉を今年は見に行ってみませんか?

そこで今回は、袋田の滝の紅葉について
見頃やおすすめスポットをご紹介します。

2008_11_16_fukuroda2

袋田の滝とは?

では、紅葉についてご紹介する前に袋田の滝についてご紹介しましょう。

袋田の滝は、茨城県久慈郡袋田にある滝です。

久慈川支流の滝川上流にあたり、長さが120m、幅は73mです。

茨城県の指定名勝ともなっていて、
日本の滝百選にも選定されています。

冬になると氷瀑と呼ばれる、滝が凍結する現象が起こることがあるので、
めずらしい風景を楽しむこともできます。

【関連記事】袋田の滝おすすめコース

そんな袋田の滝へのアクセスは、
JR水群線袋田駅からバスで滝本行、終点下車です。

袋田の滝の紅葉の見ごろは?

そんな袋田の滝の紅葉は、
毎年11月上旬から11月中旬が見頃です。

主に紅葉する木の種類は、
ヤマウルシ、カエデ、クヌギ、ナラです。

四季折々の表情を楽しむことのできる
袋田の滝の秋はとっても色鮮やか。

11月の紅葉のシーズンに行われる奥久慈大子まつりでは、
特産品をはじめ、盛りだくさんのイベントが開催されるので
この時期に合わせて行ってみるのもオススメです。

  [スポンサードリンク]

袋田の滝周辺の観光スポットは?

それでは、せっかく袋田の滝まで行ったら
周辺の観光施設まで足を伸ばしてみましょう。

先ずは、奥久慈茶の里公園です。

緑豊かな公園内には、数寄屋造りの
本格的な茶室や物産館をもうけて、
大子町で作られている香り高い
奥久慈茶の抹茶や茶摘み、手もみなどが体験できる施設。

ゆっくりと御茶の事を学んでみるのもいいですね。

次は大子おやき学校です。

おやきとは古くから大子町の農科などで
作られてきた貴重な郷土食。

近年はおやきを食べる機会が少なくなってきたので、
素朴でヘルシーな自然食のおやきを
再現する為に大子町でそだった野菜を材料に
現代風にアレンジしています。

廃校となった小学校の建物で郷土料理の
御焼きを学んで味わえる楽しい施設となっています。

近くで温泉を楽しむこともできます。

【関連記事】袋田の滝 人気の温泉

この他にも永源寺や月待の滝などさまざまな観光スポットがありますから、
ぜひお気に入りの観光スポットを見つけてみてください。

いかがですか?

袋田の滝の紅葉を見に行ってみたくなりましたか?

滝を眺めながら紅葉も楽しむ。

そんな日本らしい秋の風景を楽しめる
袋田の滝の紅葉は一度は見てみたいですね。

そして、周辺の観光スポットでも楽しいことがたくさんありますから、
ぜひ足をのばしてみて下さい。