乾燥肌とは、正常な肌の状態と比較して、肌のうるおいや水分が不足している状態をいいます。

乾燥肌は、秋冬だけの問題ではありません。

1年中乾燥肌に悩む方が増えてきています。

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因はたくさんあります。

乾燥

冬は空気が乾燥しているため、外にいる時間が長い場合や、乾燥している室内にいる場合は、肌の水分を空気に取られてしまい、乾燥することがあります。

また、夏は紫外線の影響を受けやすく、乾燥することがあります。

images

刺激

洗濯洗剤、食器用洗剤、洗顔料などによる肌への刺激、熱いお湯による刺激、タオルによる刺激なども、乾燥肌につながります。

加齢

加齢によって、肌の水分量は減ることで乾燥肌になります。

ストレスや栄養不足

ストレスや栄養不足、睡眠不足や喫煙などによって、肌に必要な栄養素が欠乏することで、乾燥肌になります。

乾燥肌の予防

乾燥肌にならないためには、原因を取り除くことが効果的です。

肌へ刺激を与える洗剤やタオルの使用をしないこと、冬の室内は加湿をすること、夏は紫外線対策をすること、ストレスをためず、規則正しい生活を心がけることなどが大切です。

  [スポンサードリンク]

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌になってしまった人や、乾燥肌になりやすい人は、スキンケアで積極的に予防することが大切です。

化粧水

洗顔した後、すぐに化粧水をつけるように心がけます。

化粧水は、自分の肌に合ったものを選ぶのが大前提ですが、保湿を重視して「セラミド」「ヒアルロン酸」「ビタミンC誘導体」が含有されているものを選ぶと良いと思います。

とりわけ乾燥肌が特に気になる方は、
浸透保湿水月桃水を試されることをおすすめします。

また、化粧水は、自分の手を使って肌に浸透させるのがおすすめです。

その時にパンパンと化粧水を肌に叩き込むと、刺激になってしまうため、手で肌を優しく抑え込む感じで、ゆっくりじっくりと化粧水を肌に浸透させてください。

クリーム

化粧水で補った水分を、しっかりと蓋をするためクリームを使います。

浪花の美容番長として有名なタレントのシルク姉さんが使われている、ゲルクリームがおすすめです。

目元や口元などの乾燥しがちな部分に、意識的に使うと効果的です。

クリームは厚塗りせず、塗る時は刺激を与えないように優しく薄く部分的に塗ることが大切です。

パックなどスペシャルケア

特に乾燥がひどい場合は、マスクパックなどのスペシャルケアを週1~2回取り入れてみるのもおすすめです。

肌が乾燥しているときは、肌が敏感になっていることが多いため、化粧水などが肌に合うかどうか、きちんと試してから使ってください。

心配な方は、敏感肌用のスキンケア商品を選ぶと、安心です。

乾燥肌のメイク

ファンデーションや口紅を選ぶときは、保湿成分配合のものを選んでください。

それよりも重要なのが、クレンジング剤です。

皮脂を落とし過ぎず、ゴシゴシ洗わずにメイクを落とせ、肌に刺激が強くないものを選ぶと、乾燥肌の予防になります。

乾燥肌には、特にクレンジングミルクが効果的です。