敬老の日のメッセージカードの書き方は?
フラワーギフトにもメッセージをつけられるの?

9月15日は敬老の日。

おじいちゃん、おばあちゃんに日頃の
感謝の気持ちを伝えることができる日です。

お子さんは小学校や幼稚園で敬老の日の
プレゼントを作ったりすることも多いと思います。

そんなプレゼントと一緒にメッセージカードも贈りたいですね。

そこで今回はそんな敬老の日のメッセージカードの
書き方や手作りカードの作り方などをご紹介しようと思います。

message-03-m

敬老の日のメッセージカードの書き方

では、敬老の日のメッセージカードには
どんな言葉を添えたらよいでしょうか。

気の効いた言葉が思い浮かばないという方に、
ちょっと参考になる言葉をご紹介します。

先ずは、挨拶からスタートしましょう。

挨拶は日頃の感謝の気持ちをこめて、
普段は伝えられないことを伝えます。

実際に口で言うのは照れ臭いけれど
手紙なら意外と簡単に伝えられるかもしれません。

「いつも私たちを温かく見守ってくれてありがとう」

「忙しくてなかなか会えにいけないけれど、
いつも気遣ってくれてありがとう」
など。

次に贈り物について書きましょう。

日頃の感謝をこめて選んだプレゼントについて、
ちょっと書きましょう。

例えば

「これは家族みんなで選びました。」

「いつまでも元気で長生きしてほしいので、
美味しいものをたくさん食べてね」

などがいいでしょう。

最後に結びの言葉をかきましょう。

「まだ暑い日が続くので体に気を付けて」

「いつまでも元気で私たちを見守っていてね」

などがいいでしょう。

  [スポンサードリンク]

手づくりのメッセージカードの作り方

最近は手づくりできるようなキットも多いし、
材料も簡単に手に入るようになりました。

例えば、色画用紙を準備して二つ折りで
ちょうど良いサイズにカットします。

そこに、折り紙で鶴を折って何羽か張り付ければ、
敬老の日にぴったりのカードができますよね。

他にも孫の写真とおじいちゃんやおばあちゃんの写真を
コラージュして貼って、デコレーションすれば
写真入りのすてきなメッセージカードができます。

そして小さなお子さんの場合は、手形をプリントして
そこにメッセージを書いてもかわいいですね。

これを毎年プレゼントして成長が分かるようにする
っていうのもオススメです。

フラワーギフトにもメッセージカードはつけられるの?

お花とお菓子や雑貨がセットになったプレゼントを
ネットなどで選んで贈る方も多いと思いますが、
そんな時、手書きのメッセージが入れられるのか気になりますね。

残念ながらネットで頼んだ場合には
手書きのメッセージは入れられません。

けれどもお店によっては、メッセージをカードにプリントして
つけてくれるところもありますし、
幾つかのサンプルから選んでつけてもらうこともできます。

もし手書きのメッセージを送りたい場合は、
お花とは別に送るといいでしょう。