手作りポーチの作り方について。ファスナーポーチは?手縫いでもできる?

ポーチといえば、女性は何かと使うことが多いと思います。

私の場合は、化粧ポーチだけでなく
ティッシュや携帯充電器、消毒液などを入れたポーチ、
キャンディーやチョコレートを入れたポーチなども使っています。

だから、かわいいポーチがあると欲しくなったりもするんです。

でもちょうどいいサイズが無かったり、
気に入ったデザインが無かったりします。

そんな時は、自分で手作りしてしまえばいいんですね。

とはいえ手づくりはちょっと難しそうと思う方も少なくないと思いますから、
今回は手づくりポーチの作り方についてご紹介いたします。

top1

簡単なファスナーポーチの作り方

  [スポンサードリンク]

ポーチと言えばやっぱりファスナーポーチが一番便利ですよね。

今回は、簡単に作れるファスナーポーチの作り方をご紹介しましょう。

まずは、材料から(サイズは12Cm×20Cmのマチつき)

・ファスナー20cm

・ビニールコーティングの布

これだけです。

ビニールコーティングの布の場合、
縫い代の処理などが不要なので作りやすいです。

布は出来上がり寸法よりも横幅を左右2センチずつ大き目にして、
1cmの縫い代もとって裁断します。

そして中央にマチをつけるため
コの字型に2Cm×2Cmの四角を切り落とします。

では縫い始めましょう。

先ずは、ファスナーをつけます。

ファスナーは裏表の状態で本体と合わせて、
端から3ミリ程度のところを縫います。

片方が縫えたら、もう片方も塗っていきます。

ファスナーが縫い終わったら本体の端を縫い合わせます。

1Cmの縫い代で縫い合わせていきますが、
そこのマチ部分はまだ縫わずにおいておきます。

最後に底のマチ部分を縫い合わせます。

底を開いて切り落とした部分が直線になるようにしたら
本体の縫い代を開いてその上を塗っていきます。

これで縫い代も出来上がり。

全体を表に返したらできあがりです。

手づくりポーチ、手縫い編

手づくりポーチを作りたいけれどミシンは苦手とか、
ミシンが自宅にないという方もいますね。

そういう方は手縫いで作ってみましょう。

作り方は上と同じですが、手縫いの場合は
ビニールコーティングは難しいので
縫いやすいコットンや麻の生地を用意しましょう。

そしてファスナーの場合は、
シッカリと縫い付ける必要があります。

手縫いの場合は、端糸をしっかりと結んで
ほどけないようにしましょう。

市販の物は、ミシン縫いでも端糸の処理が
キチンとされていなくて解けてしまうものもあるので、
手縫いでもしっかりと端糸を処理すれば
丈夫なものが作れます。

丁寧に塗って、素敵なオリジナルポーチを作りましょう。

手づくりポーチを作るのは意外と簡単です。

でも、市販のもののように綺麗に作るには
どの工程もゆっくりと丁寧にすることが大切です。