手作りリングピローの作り方!100均材料でできる?和風は?

大好きな人との結婚式。

永遠の愛を誓うリングをのせる
リングピローはとっても大切なもの。

市販の物もいいけれど、既製品は
オリジナリティがないからつまらないとか、
手づくりが大好きだから作ってみたい
と思っている方もいるでしょう。

そこで今回は、手作りリングピローの
作り方についてご紹介しましょう。

clk69-894_650im

手づくりリングピローの簡単な作り方

一口にリングピローといっても
いろいろなデザインがあります。

ここでは一番シンプルな
クッションを小さくしたタイプをご紹介します。

準備するものは、

・サテン生地

・レース

・サテンリボン

・綿

です。

先ずはサテン生地を
ピローの大きさにカットします。

そしてレースはその周りに
1周できる長さにカットしておきます。

先ずはピローの片面になる
生地にレースを1周縫い付けていきます。

そしてもう一面と一緒に
中表に縫い合わせていきます。

この時、綿を入れる口を
少しだけ開けておきましょう。

縫ったら表に返して綿を詰めていきます。

綿をつめ終わったら
開いていた口も縫い合わせます。

そして最後にサテンリボンを結んで
中央に縫い付ければ出来上がりです。

このサテンリボンは1つでも2つでも構いません。

これを応用して、ピローにパールビーズを縫い付けて
はなやかにしたり、お花のモチーフをつけたり
いろいろアレンジもできるので
オリジナルのリングピローを作れます。

  [スポンサードリンク]

100均材料で作ってみる

リングピローにはあまりお金をかけられないという方に
オススメなのは100均材料で作るリングピロー。

100均にはよくハート型や四角形などの
ワイヤーバスケットが売られています。

これに上で作った基本のリングピローを合わせれば、
オリジナルのすてきなリングピローになります。

造花のバラなども販売されているので
ちょっとゴージャスに飾ってみるのもオススメです。

和風のリングピロー

最近は和装の結婚式をする方も増えてきました。

そんな時はリングピローも和風にしたいですよね。

和風のリングピローを作る場合も、
上の基本のリングピローの作り方を覚えておけば簡単です。

材料をサテン生地ではなくて、ちりめん生地にして、
サテンリボンも組みひもなどにすれば
和風のリングピローになります。

お花飾りもちりめんのつまみにすれば、
素敵なリングピローの出来上がりです。

ぜひ挑戦してみてください。

2人の門出を祝う結婚式に使うリングピローは
幸せへの願いを込めて手作りするのも素敵ですね。

結婚式後はお部屋に飾れるように
ブリザーブドフラワーなどで作るのもオススメです。