横浜赤レンガ倉庫のイルミネーションについて。期間は?オススメのスポットは?

クリスマスやバレンタインの時期を中心に
町はキラキラと輝くイルミネーションで
飾られるところも増えてきます。

恋人同士で、家族で、お友達と
たくさんのイルミネーションを楽しみたいものです。

そこで今回は横浜赤レンガ倉庫のイルミネーションについて、
期間やおすすめスポットなどをご紹介しましょう。

1024-768

横浜赤レンガ倉庫とは?

横浜赤レンガ倉庫は、関東近県に住んでいる方なら
耳にしたことがあるスポットでしょう。

神奈川県横浜市にある歴史的な建築物で、
明治政府によって保税倉庫として設立されました。

当時は親港埠頭保税倉庫という名称でした。

保税倉庫としての役目は平成元年までに終えて、
現在では1号館が展示スペースやホールなどの文化施設、
2号館は商業施設となっています。

更に周辺は広場と公園として整備されていて、
赤レンガパークと呼ばれています。

アクセスは、横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅下車徒歩6分のほか、
JR根岸線桜木町駅から徒歩15分などとなっています。

横浜赤レンガ倉庫のイルミネーション

横浜赤レンガ倉庫では冬になるとキラキラと輝く
イルミネーションイベントがスタートします。

横浜赤レンガ倉庫の冬の名物としても知られる
アートリンクもスタートします。

アートとスケートが同時に楽しめる
スケートリンクとして買い物客も楽しんでいます。

スケート教室が開催されたりして、
家族連れも楽しめます。

そんなアートリンクも夜になると
キレイにライトアップされてロマンチックな雰囲気に。

ぜひ、横浜の港を彩るイルミネーションをお楽しみください。
日程の詳細情報は告知されましたらお知らせします。

横浜赤レンガ倉庫周辺のおすすめスポットは?

それでは、横浜赤レンガ倉庫のイルミネーションを楽しむ前に
周辺スポットも楽しんでしまいましょう。

このエリアには歴史的な建築物のほか、
楽しいスポットがたくさんあります。

先ずは、カップヌードルミュージアム。

その名の通り、インスタントラーメンに関する
資料展示をはじめとした、
さまざまな体験プログラムもあるので
カップルでも家族でも楽しめます。

そして日本新聞博物館は、
新聞の歴史や製作工程を紹介している博物館で
オリジナルの新聞を製作したりといった
体験プログラムも用意されています。

横浜赤レンガ倉庫のイルミネーションを見る夜になる前に、
このエリアにある歴史的な建造物や博物館を楽しむこともできるので
一日を通して楽しめるスポットになっているのでお勧めです。