お正月に食べるお祝いの料理である「おせち料理」には、
色んな意味が込められています。

おせちに込めた昔の人の思いを知ってからおせち料理を味わい、
有意義に1年のスタートをしませんか?

Oseti

おせち料理の意味

重箱

おせち料理は重箱に詰めて出されますが、
これは「めでたさを重ねる」という縁起をかつぐためです。

四段重ねが正式だと言われていますが、地方によっても異なり、
いまは三段重ねが主流となっています。

火を使わない

おせち料理は保存が効くもので作られ、
お正月の間はおせちを食べ続けることで、
「正月は主婦を家事から解放する」と言われます。

さらには、お正月に火を使わずに済ませて、
「火の神様を怒らせないようにする」とも言われています。

海老

海老は「腰が曲がるまで丈夫で長生き」という思いが込められています。
また、海老の赤色は魔よけの意味もあるそうです。

昆布巻き

「よろこぶ」という言葉にかけた語呂合わせで、
祝いの料理に欠かせないものです。

栗きんとん

きんとんは金団と書き、黄金色であることから財産を表現して、
「富を得る」という思いが込められています。

黒豆

「まめに働けますように」という思いが込められています。
「まめ」には「丈夫で健康」という意味があります。

数の子

たまごがたくさんあることから、「子孫繁栄」の思いが込められています。

紅白かまぼこ

かまぼこは「日の出」を表しており、おせち料理には欠かせません。
紅白の紅は「めでたさ」を表し、白は「神聖」を表します。

  [スポンサードリンク]

おせち料理の詰め方

地方によって異なりますが、一般的なおせち料理の詰め方を紹介します。

三段詰めの場合、重箱の上から順に「一の重」「二の重」「三の重」と呼び、
それぞれに詰めるものが決まっています。

一の重

「祝い肴」という、お屠蘇を酌み交わすときの肴と、
「口取り」という、お酒を飲めない子供のための甘い料理を詰めます。

例えば、黒豆、栗きんとん、昆布巻き、伊達巻、田作り、紅白かまぼこなどを、
縦と横のラインを重箱の辺に平行に詰めます。

二の重

「酢の物」と「焼き物」を詰めます。

例えば、酢だこ、なます、数の子、ブリや鯛や海老の焼き物などを、
重箱の中を斜めに区切って詰めます。

三の重

「煮物」を詰めます。

例えば、ごぼう、レンコン、シイタケ、サトイモなどの煮物を、
重箱の中に扇のような曲線を描くように詰めます。

おせち料理は、

・重箱の奥から順に詰める
・形の崩れないものから先に詰める
・汁気があるものは、小さな器を使って詰める

などの配慮をすると、美しく美味しく詰めることが出来ますよ。