基本料金を見直して電気代を節約する方法

電気料金には基本料金が定められています。

基本料金は契約しているアンペア数で決まるのですが、
自宅で契約しているアンペア数はご存知でしょうか?

e17cf8162d072329372ebf8f6bb5a3f4_300_224

契約アンペアの大きさは使用できる電気の量を表しています。

この契約アンペア数を下げることによって
月々の電気代を減らすことができます。

あなたのお家では適切なアンペア数が選択されていますでしょうか?
ぜひ一度見直してみることをオススメします。

自分の家に合うアンペア数にする方法ですが、
例えばエアコン使用時に、掃除機・電子レンジ・ドライヤーなどを同時に動かして、
時々ブレーカーが落ちるくらいがちょうどいいところです。

このアンペア数の契約を見直すことで
基本料金を月々1000円ほど節約することができます。

月々1000円って結構大きいですよね。

アンペア数を下げすぎるとブレーカーが落ちやすくなってしまうので
少し注意が必要ですが、低いアンペア数で慣れてくると、

自分でどの程度電気を使うとブレーカーが落ちるのかが
だんだん分かってくるので、自然に電気使用量を減らすことができ、
結果として電気代の節約にもつながっていきます。

基本料金の見直しは契約中の電力会社に問い合わせてみて下さい。

  [スポンサードリンク]

電力会社の割引サービスを使って電気代を安くする方法

月々の電気代は特に疑問を持たずに支払われている方が多いですが、
ちょっと見なおしてみると意外と安くする方法があるものです。

今回は、電力会社の割引サービスを使って電気代を安くする方法をご紹介します。
最大で70%も安くできる場合もあるのでお試し下さい。

東京電力

ナイト8
夜 23 時~朝7時までの電気代が約70%割引になります
(それ以外の時間帯は約20%高くなりますのでご注意下さい。)

ナイト 10
夜 22 時~朝8時までの電気代が約 60%割引になります。
(それ以外の時間帯は約40%高くなりますのでご注意下さい。)

関西電力

はぴ e プラン
ガスなどの代わりに全て電気設備にすると約10%安くなります。
(割引額の上限は3150円までです。)

はぴ e タイム
夜23時~朝7時までの電気代が約70%割引になります。
(エコキュートや370リットル以上の電気温水器を使用していなければなりませんのでご注意下さい。)

中国電力

エコノミーナイト
夜 23 時~朝8時までの電気代が約 70%割引になります。
(それ以外の時間帯は約10%高くなりますのでご注意下さい。)

中部電力、四国電力にも深夜の割引がありますので各自調べてみてくださいね。