葬儀費用は業者にお願いした場合、
大体200万円~300万円程度必要ですが、
市民葬という方法を使えば
一般業者に頼むより安くすることができます。

市民葬は自治体が葬儀社と協定して
安価で葬儀をすることができる方法です。

ill一般の葬儀

市民葬

市民葬を使えば葬儀費用が
おおよそ30万円~50万円程度になります。

自治体では応急資金を30万円程度まで
借り入れることができますので、
十分葬儀が可能です。

自治体の応急資金とは、結婚、就職、葬祭、災害といった
緊急時に融資を受ける事ができる制度で、
貸付限度額27万円(特別な場合54万円)、
据え置き6ヶ月間で無利子(無担保、無保証)
です。

市民葬は所得制限がないので
誰でも使うことができますが、
詳細は自治体によって異なるので
各自治体のホームページをご参照下さい。

  [スポンサードリンク]

その他の葬儀援助

埋葬料

対象:サラリーマンが亡くなった時、遺族に支払われます。
給料の約1ヶ月分
必要書類:会社証明を受けた埋葬料請求書、印鑑等
申請先:社会保険事務所、又は健康保険組合

家族埋葬料

対象:サラリーマンの親族が亡くなった時に支払われます。
支給:10万円
必要書類:会社証明を受けた埋葬料請求書、印鑑等
申請先:社会保険事務所、又は健康保険組合

葬祭料

対象:サラリーマンが労働災害で亡くなった時、
   葬祭保険から支払われます。
支給:給料の約2ヶ月分
必要書類:会社証明を受けた埋葬料請求書、印鑑等
申請先:事業所管轄の労働基準監督署

埋葬費

対象:サラリーマンが亡くなった時、
   同居人が葬儀を行った時に支払われます。
支給:葬儀代、火葬代などの費用
必要書類:会社証明を受けた埋葬料請求書、印鑑等
申請先:社会保険事務所、又は健康保険組合

葬祭費

対象:国民健康保険加入者が亡くなった時に支払われます。
必要書類:会社証明を受けた埋葬料請求書、印鑑等
申請先:社会保険事務所、又は健康保険組合