一人暮らしを始めるのにかかるお金の相場は?

引越しして一人暮らしを始めるにはいくらぐらい掛かるのでしょうか?

illust4

部屋を借りるのにかかるお金

部屋を借りるときは初めに結構な額のお金がかかりますね。

地域や物件によって様々ですが、一般的には敷金礼金がそれぞれ2ヶ月分、仲介手数料が1ヶ月分、前払い家賃として1ヶ月分、合計でだいたい家賃の6ヶ月分は必要とされています。

例えば東京で家賃7万円とすると、42万円ですね。

他に火災保険料や部屋引渡しの実費等を考えると大体50万弱はかかる計算になります。

引っ越しにかかるお金

引っ越しにかかるお金は引越しの方法によって大きく違います。

家族や友人に協力してもらえばレンタカー代程度で済みますね。

業者に依頼すると大体4~8万円程度はかかることになると思います。

家電用品にかかるお金

家電用品も生活を始めるために必要ですね。

基本的な一人暮らし向きの家電を、新品で買った場合は

冷蔵庫:3万円
炊飯器8千円
オーブンレンジ:2万円
洗濯機:3万円
テレビ:2万円
掃除機:8千円

とすると合計で11万6千円になります。

その他にカーテンや寝具、日用消耗品などに5万円ほどでしょうか。

最終的な合計では、結局60~70万円ほどとなってしまいます。

  [スポンサードリンク]

引っ越し費用を抑える方法

引越し費用をなるべく節約すためのポイントをご紹介します。

物件を選ぶポイント

最近は安い物件や、敷金礼金0という物件も増えていますが、意外とトラブルの多い場合もあるので物件選びは慎重に行いましょう。

家賃は、駅から少し離れたところや、部屋数の少ないところが一般に安い傾向にあるといえます。

たまにいわくつきの事故物件がとても安くなっていたりしますが、ある程度長期間住み続けることになるので安いという理由だけで決めるのはいいとは言えないかもしれませんね。

インターネットの物件検索サービスを利用するのもいい方法です。
         

引っ越しにかかるお金を節約する方法

家族や友人に引越しを手伝ってもらうのが一番安く済ませる方法です。

協力してくれる方に車もお願い出来ればかなり節約できますね。

引っ越し業者に頼む場合は作業工程や見積もりをしっかり話し合って、トラブルの無いように気をつけましょう。

業者に頼む場合でも、荷物の梱包や紐解きを自分でしたり、段ボール等を自分で用意するようにすればある程度費用を抑えることができます。

引越しをきっかけにいらない本やDVD等を売り払ってお金に変えてしまうのもいいかもしれませんね。

古本買取通販ドットコム

家電用品にかかるお金を節約する方法

新しく家電を購入する場合は、大手の電気屋さんでキャンペーンをしていたりするので、そうした時を狙うようにすれば安く買える場合が多いです。

家族や友人知人から譲ってもらう場合は、確かにお金はかかりませんが、古くなってしまっているケースも多いので、しっかり使えるか確認するようにしましょう。

他にもヤフーオークションを使うのもいい方法です。

新品商品でも、箱にキズがあるなどのちょっとした訳ありで安くなっているものも多いので、一度探してみることをオススメします。