プチ整形という言葉は、
誰もが聞いたことがあると思います。

では、どういったものがプチ整形なのか、
知っていますか?

ここでは、プチ整形の種類や
注意点について説明していきますね。

プチ整形というのは、簡単に言えば、
メスを使わない美容整形のことです。

プチ整形の種類

プチ整形には、主に次のような種類があります。

埋没法

まぶたを糸で留めて二重にする施術です。

ヒアルロン酸、レディエッセ注入

ほうれい線などのしわを浅くしたり、
鼻や顎のラインを整えます。

メソセラピー

脂肪を溶かす薬を注入して、
部分痩せを実現します。

プチ整形のメリット

プチ整形は、メスを使わないことで、
次のようなメリットがあります。

・主に注入法や糸で行うため、腫れや痛みが少ない

・ほとんどの場合、麻酔無しで行う事ができる

・施術時間が短い

・メスを使う施術に比べてリスクが少ない

・低価格でできる

プチ整形のデメリット

メリットをいくつか列挙しましたが、
デメリットももちろんあります。

・持続期間が短く、時間の経過により元に戻ってしまう

・劇的な変化をもたらすことはできない(あくまでもプチである)

・稀に、注入薬によるアレルギー反応が起きる

特に、プチ整形では、効果が長続きしないため、
整形後のよい状態を保とうとすると、
繰り返し施術を受けなくてはならない、
という欠点があります。

数ヶ月で元に戻ってしまう場合もあり、
そのたびに施術料を支払うことになると、
メスを使った施術の方が結果的に安く済む、
ということもあります。

ヒアルロン酸やボトックスは、
安価な中国製を使っているクリニックもあります。

中国製のヒアルロン酸やボトックスは、
不純物が入っていて危険です。

そういった粗悪なヒアルロン酸や
ボトックスは、効果も持続せず、
2,3ヶ月もしないうちに元に戻ってしまう、
ということもよくあります。

プチ整形を行う際には、必ず、注入する薬の産地を
クリニックに確認しましょう。