メスを使わない美容整形として、
美容機器を使ってしわやたるみなどを
改善する方法もあります。

プチ整形やメスを使った施術ほどの
即効性や変化は大きくありませんが、
アンチエイジングには最適です。

ここでは、悩み別に、一般的に
使われる美容機器を紹介しますね。

たるみに効果のある美容機器

老け顔の一番の原因とされる「たるみ、しわ」。

この「たるみ」に効果的な美容機器です。

タイタン

赤外線を照射し、真皮層を刺激して
コラーゲンの生成を促します。

はじめの数回は、1ヶ月に
1度のペースで受けることが望ましく、
さらに効果を保つためには、
その後も、数カ月おきの治療が必要です。

サーマクール

高周波(RF)の熱で真皮細胞を刺激し、
コラーゲンの生成を促します。

施術に熱さや痛みが伴います。

タイタンよりも1度の効果の持続期間が長く、
半年~1年に一度の治療で効果が維持できます。

ウルセラ

超音波エネルギーが、真皮層だけでなく、
筋肉層まで届き、刺激をして
皮膚や筋肉を引き締めます。

目元や首にも照射できます。

サーマクール同様、持続期間は半年~1年です。

ポラリス

高周波(RF)とダイオードレーザーのダブルの力で、
真皮層のコラーゲン生成を促します。

サーマクールと効果は似ていますが、痛みはありません。

また、即効性もあり、効果の持続も半年から、
長ければ2年とも言われています。

フラクショナルレーザー

レーザーで皮膚に小さな穴を開けて、
熱エネルギーを与えて細胞を再生させます。

肌を若返らせる治療として人気があります。

  [スポンサードリンク]

シミやくすみに効果のある美容機器

もう一つ、年齢を重ねるごとに増えるシミやくすみ。

以下は、シミやくすみを治療するのに適した美容機器です。

フォトフェイシャル

IPLという光でメラニンや毛細血管を狙い撃ちし、
シミやそばかすを治療します。

1度の治療ではあまり効果がなく、
定期的に照射することが必要です。

ライムライト

フォトフェイシャルと同じく、IPLでの治療ですが、
日本人向けに改良されています。

光の波長を調節しながらできるので、
より幅広く効果的な治療が期待できます。

1度の治療ではあまり効果がなく、
定期的な治療が必要です。

フォトシルクプラス

UPLという光を照射する治療法です。

この光は、メラニン色素によく反応するため、
シミの色素を分解します。

くすみや肝斑にも効果があります。

コラーゲンの生成も促すので、
肌の質感がよくなる効果もあります。

他にも、各クリニックで様々な
美容機器を取り揃えています。

美容機器による効果は、
肌との相性がとても大きく影響するので、
医師と相談しながらいろいろと試してみるといいと思います。