妊娠中や授乳中に美容整形を受けたい!
と思う方もたくさんみえると思います。

普段仕事をしている人も、出産、育児休暇中には
まとまった時間がとれるのでチャンスですよね。

しかし、いろいろと制限の多い、妊娠中や授乳中、
美容整形は受けられるのでしょうか?

結論として、妊娠中は、
全ての美容整形は受けることはできません。

局所麻酔で行う手術や、注射系の手術、
レーザーなどの手術は、
おそらく胎児に影響はないと思われますが、
やめておいたほうが無難です。

特に、プチ整形で人気のボトックス注射は、要注意です。

ボトックスとは、ボツリヌス菌を注射し、
筋肉の働きを止めて、筋肉を小さくする治療です。

この菌は、乳児ボツリヌス症を
引き起こすことがあります。

ボトックス注射を打った後に
妊娠を希望するときは、念のため、
2回生理を見送った方がいいでしょう。

  [スポンサードリンク]

では、授乳中の美容整形はどうでしょう?

授乳中は、妊娠中とは違い、
ほとんどの美容整形の手術を受ける事ができます。

美容整形では、局所麻酔を使う手術がありますが、
基本的には問題ありません。

よく考えてみれば、
帝王切開でも麻酔を使いますよね?

普通分娩でも、会陰切開などの時には
局所麻酔をすることもありますよね?

でも、その後、赤ちゃんにおっぱいを飲ませますよね。

なので、麻酔を気にすることはあまりないと思います。            

美容整形では、手術後に鎮痛剤や
抗生剤を渡されることがあります。

授乳中にお母さんが飲んだ薬は、母乳に移行されます。

しかし、その量はごくわずかです。

ほとんどのお薬は赤ちゃんに影響はないと思われます。

とはいえ、薬によっては授乳中には
禁止されているものもあるので、
主治医とよく相談をして服用するなり、
断乳するなりしてくださいね。

上記のように、授乳中の美容整形は、
ほとんどの場合はOKですが、
受けられない施術もあります。

先に書いたボトックス注射は
授乳中に受けることはできません。

また、医学的には授乳中に
美容整形をしても問題ないと思われますが、
クリニックによっては断られることもあります。

授乳中に美容整形を希望する際は、
カウンセリングで授乳中であることを
きちんと伝えましょう。

医師とよく相談して、納得のいく方法で、
安心して手術を受けられるようにしましょう。