まず、美容整形の当日までに、
カウンセリング時に言われた注意事項を
しっかりと確認しておきましょう。

前日までに、産毛の処理が必要な施術や、
当日の車の運転を禁止されている施術もあります。

注意事項のチェックは、
施術の数日前にはしておきましょう。

当日に、体調を崩してしまった場合は、
無理をせず、クリニックに連絡をしましょう。

万全な体調で臨むことが成功の秘訣です。

クリニックにメイク落としや
洗顔フォームは置いてありますが、
待ち時間をゆったり過ごすためにも、ノーメイク、
もしくは薄いメイクで行くのがよいと思います。

顔の施術を受ける場合は、プチ整形であっても、
腫れや内出血が起こり得ます。

サングラス、めがね、マスクなどを
持参した方が無難です。

施術前に、再度医師との打ち合わせがあります。

ここで、もう一度、仕上がりのイメージを医師と確認します。

少しでも心配なことがあったら、
医師に話しましょう。

最終打ち合わせで、不安を残さないことで、
ゆったりとした気持ちで施術を受けることができます。

手術台に横になると、とても緊張します。

でも、ここまできたら、
出来上がりの理想の自分を想像して、
自分が選んだ医師を信頼して任せましょう。

施術直後は、もしかしたら、
自分がイメージしていた
仕上がりではないかもしれません。

そこで、焦ってはいけません。

ほとんどの施術にはダウンタイムがあるのです。

腫れや内出血がひき、
なじんでくるまでは様子を見ましょう。

施術を成功させるには、
術後の注意事項を必ず守りましょう。

術後のメイク、入浴、飲酒、運動など、
各施術によって制約はさまざまです。

どんな施術も、多かれ少なかれ体に負担がかかります。

その日は予定をいれず、
ゆったりと過ごしましょう。