ほうれい線・・・嫌ですよね。

ほうれい線があるとのとないのでは、
年齢の見え方が10くらい違うんじゃないかと思います。

私も20代後半から、
うっすらとほうれい線が出てきました。

ファンデーションが溜まって、なんとも不快。

そこで、クリニックに相談に行ったところ、
サーマクールを勧められました。

サーマクールに関しては、
別の記事で詳しく説明します。

その、サーマクールを予約すると、
ほうれい線へのヒアルロン酸が無料サービス、
というキャンペーンにつられ、試してみました。

メスを使わないプチ整形なので、無料と言われれば
あまり悩まずにお願いしちゃいました。

洗顔をして、処置室に通されました。

先生が入ってきて、「ヒアルロン酸ね~」と言いながら、
いきなり、文房具店で売ってる普通の水性の蛍光ペンで、
ほうれい線をなぞりました。

そして消毒をしたと思ったら、

「ちょっと痛いよ~」

と言いながら、ブスッブスッと、
何箇所も注射をされました。

これが結構痛くて、顔が歪みました。

個人的には、エラのボトックスよりもずっと痛かったです。

あっという間に終わりましたが、
看護師さんがなかなか鏡を見せてくれません。

先生は

「内出血は1週間くらいで消えますからね」

と去っていきました。

その後、パウダールームの鏡を見てびっくり。

両方のほうれい線が真っ青になっていました。

ファンデーションやコンシーラーでも
隠しきれないほど真っ青。

ダウンタイムはほとんどない、
と説明を受けていたので、
マスクも持っていなくて、
マフラーで顔を隠して帰るしかありませんでした。

帰宅してインターネットで調べても、
私ほどひどい内出血の人の話は
見つけることが出来なくて、かなり不安になりました。

2週間たって、やっと消えました。

しかし、内出血は消えたものの、
肝心のほうれい線の状態はというと、
ヒアルロン酸の注入部が、
明らかに膨れていてミミズ腫れ状態。

クリニックに電話をしても、
そのうち馴染むと取り合ってくれませんでした。

まだほうれい線のほうがマシなくらい、
ミミズ腫れが酷い状態でした。

  [スポンサードリンク]

悩んだ末、他のクリニックで診てもらうと、
安価なヒアルロン酸を、適当に、
皮膚の浅い部分に打ったことが原因で、
内出血とミミズ腫れになったということが分かりました。

ヒアルロン酸を分解する注射を打って、
ミミズ腫れを修正する事もできる

と言われましたが、

無料で打ったヒアルロン酸を、
お金をかけて分解するなんて悔しかったので、
ヒアルロン酸が吸収されるのを待つことにしました。

3ヶ月くらい経って、やっとミミズ腫れも目立たなくなりました。

同時に、ほうれい線も元通りでしたが・・・。

今回のほうれい線へのヒアルロン酸注入、、、

大失敗でした。

ヒアルロン酸注入自体は、
とっても良い治療法だと思います。

お手軽だし、効果もあります。

でも、これは医師の腕がかなり結果を
左右するということを痛感しました。

次にやるときは、医師をじっくり選んで
やってもらおうと思います。