ママチャリ(シティサイクル)

現代であれば様々なところで目にする自転車ですが、
その自転車には実際にどれくらいの種類があるのか
理解している方は多く有りませんね。

もともと自転車の種類は少なかったのですが、
その中でも原点になっているのが手軽で使いやすい
ママチャリという物です。

A5DEA5DEA5C1A5E3A5EAA5B7A5EBA5D0A1BC

ママチャリには子供を連れている母親であっても、
前か後ろに付属の椅子を取り付ければ
乗せることが出来るので
主婦からも非常に人気の自転車です。

そのママチャリを総称して、
シティサイクルと呼んでいます。

シティサイクルとは文字通り、
街の中を走る事を想定しているために
その名称が付けられているのですが、
もちろん長距離間を走る向きの自転車では有りません。

自宅から学校やスーパー等の身近な距離で
使えるように作ってあるので、
手軽さが最大の魅力のポイントなのです。

もちろん一人乗りでも使う事が出来ますし、
購入前からカゴが取り付けてある物もあるので
非常に便利で簡単に使用できるものです。

これらがシティサイクルの特徴ではないでしょうか。

近年ではシティサイクルが駅の前に大量に放置されていたり、
川や海に捨てられているといった問題も多発していますが
逆に言えばそれくらい自転車の中でもポピュラーな種類ともいえます。

価格もそれほど高くないことから
自転車購入を検討している方であれば、
まず一番に目に留まる種類なのですが、
とりあえず気軽に購入してみてもいいでしょう。

初めに買う自転車をシティサイクルにするのはよくあることで、
現代のご家庭であれば必ず一家に一台は有ると
言っても過言では無いほど人気の種類です。

  [スポンサードリンク]

折りたたみ自転車

自転車の種類についてのお話を進めていますが、
自転車の中にも気軽に誰でも簡単に乗れる
物が種類多く販売されています。

まずその中のシティサイクルについて説明したのですが、
シティサイクルは有り余るほどの数が街で見られ、
環境問題にまで発展するほどポピュラーな種類です。

もちろんこのシティサイクルにはカゴが取り付けてあったりと、
短距離向きのノーマルなデザインで仕上がっているのですが、
その見た目を毛嫌いする方も少なくは有りません。

見た目に少し配慮されていて手軽に乗りたい、
そんな思いを持っている方であれば、
是非折りたたみ自転車がオススメです。

dbpop_main

折りたたみ自転車は、まずシティサイクルとは
違って重量が軽くなっています。

そのためペダルをこいだ時の感覚も非常に楽で、
若者向けのデザインが多いので
若年層から多く注目されています。

その反面、シティサイクルに比べれば
耐久性があまり期待できないので、
ちょっとしたサイクリングや近所の移動をメインに
使用される方にオススメできる種類です。

文字通り、自転車を折りたたみをして使う事ができるのですが、
その事から持ち運びやすさの点でも人気が高くなっています。

手軽でカッコよく乗りたい、
シティサイクルより楽に進む方がよい、
楽に持ち運びできるものがいい、
といったいずれかに当てはまるようであれば、
是非この折りたたみ自転車が良いかと思います。

折りたたみ自転車は手軽性と軽さが評価される種類なのです。

電動自転車

自転車の種類についてお話を進めていますが、
自転車の中でも最もポピュラーな物がシティサイクルであり、
それよりも手軽で軽い物が折りたたみ自転車である、と説明しました。

これら2つの自転車には共通して、気軽に短距離間の移動が可能という
メリットが存在するのですが、これらよりも更に
楽に乗る事ができる自転車も存在するのです。

最近ではこの自転車を乗っている方が非常に増えてきたのですが、
バッテリーを充電しておけばペダルを漕がなくても進む代物なのです。

それが、電動自転車です。

4f790d6c2f21317cc28077f327d87a29

最近販売され始めた事から値段は高いのですが、
実際に使っている人をみても非常に楽に乗れる印象を受けます。

バッテリー式になっているので、
バッテリーが無くなれば充電をする必要がありますが、
その充電さえあれば非常に便利な自転車です。

若者に人気があるだけでなく、高齢者の方や、
足が少し不自由な方からも支持を集めています。

現代の自転車の中でも最もハイテクな自転車ではないでしょうか。

電動自転車は、先ほど説明した2つの自転車より、
手軽さだけでなく、身体が不自由な方でも使えるという
大きなメリットを兼ねそろえているのです。

こうした点を考えると、電動自転車は他には無い優れた機能と
便利性を持っているということができます。

もちろんバッテリーを充電する手間がありますし、
運動不足を解消したい人にはあまりオススメできませんが、
幅広く愛されている自転車としては、この電動自転車が
1,2を争うのではないでしょうか。