ロードバイク

自転車の中でも長距離向きの種類をご紹介していますが、
前回は誰でも手の付けやすいクロスバイクや
見た目がとてもカッコ良いピストバイクを説明しました。

どちらも長距離には最適な作りになっている為に、
旅にいく方でも十分使用する事ができるのですが、
より長距離向きの自転車というのも実は存在します。

前回紹介したクロスバイクやピストバイクに比べると、
ハンドルの部分が凄く特徴的な作りになっていて、
更にスピードと距離を求めるには今回紹介する自転車が
最もぴったりだということができます。

今回紹介する自転車は、ロードバイクです。

LVJ01-01

ロードバイクは、ハンドルがU字型になっている商品が多く、
自転車を漕いでいる時の体勢は前のめりになる事が特徴です。

操作の仕方も少し難し目で、初心者の方であれば
ある程度練習をしなければならないタイプになっています。

その反面見た目もピストバイクに負けずカッコ良いものが多く、
競輪選手のような出で立ちになるので人気があります。

私自身はクロスバイクの次にロードバイクに挑戦していったのですが、
やはりクロスバイクやピストバイクを経験しておかなければ
ロードバイクを簡単に乗りこなすことはできないと思いました。

そのためロードバイクは難易度が高い種類とも言えるのですが、
実際に走行距離やスピードは一番伸びる物であり、
遠くに出かけたり数十キロ以上の移動をするのであれば
一番ベストな自転車なのではないでしょうか。

最近では色々な種類のロードバイクが販売されていますが、
そのデザインや色合いもピストバイク並みに多くなっているので、
中身と外見が両立している種類とも言えるのです。

  [スポンサードリンク]

ビーチクルーザー

自転車の種類の中でも長距離間の移動に役立つ
種類の物を説明していますが、
その中にはクロスバイクやピストバイク、
ロードバイクなどの種類が存在すると言いました。

長距離向きの自転車は、全て見た目のデザインが
優れている事が特徴なのですが、
実は最も見た目に特化した自転車で
紹介していないものがまだ残っています。

一見、マウンテンバイクやBMX系の自転車と
似たような作りになっているのですが、
乗って走行している時の姿は全く違う印象を持つ事ができるものです。

自転車の中での変形型の種類ともいえる、
ビーチクルーザーを紹介します。

fp-blk-1

ビーチクルーザーは、文字通り海の砂浜を
走るような姿を描いて作られたのですが、
ハンドルの形が凄く特徴的で、
座面から距離があるのがとても魅力的です。

中にはタイヤが物凄く分厚い種類の物もあるのですが、
タイヤの大きさは長距離用の自転車と同じ
26インチが使われている事もあります。

そういった点から、今まで説明してきた中で
気に入ったデザインの自転車が無い方であれば、
是非このビーチクルーザーをオススメしたいと思います。

中々販売している自転車屋さんも少ないのですが、
それくらいビーチクルーザーは珍しい種類で
取り扱い自体少ないものです。

だからこそ、マニアが見ればたまらないものとなっているので、
人によっては物凄く気に入る方もいるのではないでしょうか。

ビーチクルーザーとはそういった意味で、
好きか嫌いかの両極端に分かれる自転車といえます。

変形型を好んでいる人からすれば
他の自転車はもう試せなくなるかもしれません。