ヨーロッパでは、6月に花嫁になると幸せになるという言い伝えがあり、
そこから「ジューンブライド」という言葉が広まりました。

その由来は諸説あり、
6月の月名「JUNE」が、結婚をつかさどるローマ神話の女神「JUNO」から
付けられたことから、6月に結婚する花嫁は幸せになると考えられた説や、

ヨーロッパでは農業の妨げになることから、3~5月の結婚を禁じていて、
結婚が解禁となる6月は、多くの人から祝福される月だった説や、

ヨーロッパの6月は雨が少なくて気候が良く、復活祭もあって
ヨーロッパ中がお祝いムードでいっぱいになるという説があります。

images

日本のジューンブライド

気候で考えれば、日本の6月は梅雨の時期なので、
雨が多くてお祝いムードでいっぱいという雰囲気ではありません。

実際に結婚式が多く行われる月を調べてみると、
11月がトップなのだそうです。

気候の良さが反映されていますね。

最も結婚式が少ないのが8月です。
猛暑の中の結婚式は、新郎新婦だけでなく、招待客も大変です。

6月の結婚式は、下から4番目で、ジューンブライドに憧れても、
現実的に考えて別の月に結婚式をするカップルが多いようです。

実は、日本に「ジューンブライド」の言葉を浸透させたのは、
結婚式が少ない6月に、結婚式をするカップルを増やそうとした
結婚式場関係者であると言われています。

  [スポンサードリンク]

どうしても6月に結婚式をしたいなら

6月の結婚式は、雨が降る可能性が高く、リスクを伴います。

ガーデンウェディングを計画していると、
雨が降ってしまったときに、がっかりすることが多いかもしれません。

屋内でも楽しめるように、雨の時のプランもしっかりと考えておくと、
思い出に残る素敵な結婚式ができると思います。

また、雨が降っても気にならない結婚式の形態として、
ナイトウェディングがあります。

窓が多い会場では、天気が悪いと会場が暗い感じになってしまいます。

しかし、ナイトウェディングならば天気が良くても悪くても、
外が暗いことを見込んで会場を演出してありますから、
雨が気にならないのではないでしょうか。

レストランウェディングでは、
オプションで花火をあげることが出来るところもあり、人気があります。

images

そして、梅雨の日本を飛び出して、海外ウェディングもおすすめです。

ジューンブライドの発祥の地、ヨーロッパに行けば全て解決!
結婚式に最高の気候が待っています。

ハワイも乾季に当たるので、雨が降ることは少ないと思います。
国内なら、梅雨のない北海道での結婚式も素敵ですね。