パワーストーンの基本5種類

パワーストーンとは何なのか、ということ
についてはすでに説明しました通り、
ひとまず自然界のエネルギーが石に入り込んだもの
という理解で大丈夫です。

パワーストーンを持つにあたっては
メリットもデメリットも両方あるので、
しっかりと自分の望みや希望する事に合うよう
選ばなければ望んだ効果は得られません。

では、自分に合ったパワーストーンを見つけていくためには
具体的にどうすれば良いのか、気になる方もおられると思います。

これから詳しく、パワーストーンの選び方をご説明していきますが、
まずはパワーストーンの大まかな種類を把握しておきましょう。

パワーストーンは基本的に5つの種類から成り立っており、
それぞれ全てに違いがあります。

パワーストーンの基本の5つの種類というのは、
木火土金水といわれるもので、これは全て自然の
エネルギーを現しています。

例えば、火のパワーストーンであれば赤い色をした石が多く、
木のパワーストーンには緑色や白色をした物が多いと言われています。

パワーストーンは効果だけでなく、見た目でも分類することができます。

パワーストーンの種類は基本的に、
大きく分けて5つに分けることができますが、
それぞれ色合いや効果が違っているのです。

この基本5種類の中から、あなたがどの効果を重視して得たいか
によってパワーストーンの選ぶ種類は変わります。

その為にもこれから説明していくパワーストーンの
5種類の意味しっかりと把握しておきましょう。

  [スポンサードリンク]

5種類それぞれの意味とは

パワーストーンの種類には大きく分けて
木・火・土・金・水という5種類に分類できる、
とご説明しましたが、逆に言えばパワーストーンは、
大きく分けて5つの効果があるとも言えます。

あなたがどの効果を受けたいかによって
パワーストーンの選択は変わってきますので、
その為にもどの種類のパワーストーンに
どんな効果があるのかという情報を
正確にしっておかなければいけません。

大まかにはパワーストーンの色によって見分けることもできるのですが、
それぞれの種類ごとに全く違った効果が有るので、
しっかりと見分けが出来るようにしておきましょう。

まず、火のエネルギーは、見た目通りに
恋愛や出会いと言った意味合いを持っています。

ですから恋がうまく行かない方や出会いを求めている方に
ぴったりではないでしょうか。

木のエネルギーを持った種類であれば、
現代人が求めている癒しを与えてくれる力があります。

そして、水のエネルギーにはには水色の石が多く、
人間の性格として必要な優しさを与えてくれる力があります。

更に金のエネルギーは見た目と同様華やかさを、
土のエネルギーは忍耐力を分け与えてくれるのです。

これら5種類の中であなたがどれを優先して求めているか、
そして自分に足りない物は何なのか、という事を考えていくと、
あなたに合うパワーストーンが見つかっていきます。

パワーストーンはこの5種類が基本となっているのですが、
今後説明しますように、この中でも更に石を分類していく事ができますので、
まずはこの5種類がどんな効果と役割を持っているのか、
という事をしっかりと把握しておきましょう。