「春分」と「秋分」は、昼と夜の長さがほぼ同じ長さになるときで、
「春分の日」と「秋分の日」として国民の祝日になっています。

昼と夜の長さがほぼ同じになる「春分の日」と「秋分の日」は、
太陽と地球の位置関係で決まるため、
春分の日は3月21日ごろ、秋分の日は9月23日ごろですが、
前の日にずれる年もあります。

mar03_a20

ちなみに、2015年の春分の日は3月21日、
秋分の日は9月23日です。

秋分の日が祝日になった理由

秋分の日は、なぜ国民の祝日になったのでしょうか?

秋分の日を中日として、その前後3日の計7日間を「彼岸」と言い、
家族でお墓参りをして、先祖を供養します。

これは、仏教では、先祖は西にある極楽にいると考えられており、
彼岸のころは、太陽が真東から昇り、真西に沈むことから、
最も極楽に通じやすい日とされているからです。

お彼岸の行事を始めたのは、聖徳太子だと言われています。

平安時代には、お彼岸の行事は朝廷の年中行事となり、
お彼岸には先祖を供養するということが広まっていきました。

そして、1948年に「祖先を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」として、
秋分の日は国民の祝日として制定されました。

ちなみに、春分の日は「自然を称え、将来のために努力する日」として
同じく1948年に国民の祝日として制定されました。

  [スポンサードリンク]

先祖供養の方法

お彼岸に先祖の供養をする場合、
彼岸の7日間の初日である「彼岸の入り日」には、
仏壇の両側に一対のお団子を備えます。

彼岸の中日である「秋分の日」と「春分の日」には、
仏壇に「おはぎ」や「ぼたもち」をお供えします。

そして、彼岸の7日間のうちに、お墓参りを済ませます。
お墓参りに行くときは、お花とお供え(団子、ぼたもち、おはぎなど)を
持参して、お墓にお供えします。

お彼岸の食べ物

お彼岸の食べ物と言えば、「ぼたもち」と「おはぎ」です。

甘いものが貴重だった昔では、お供え物として、おもてなしとして、
「ぼたもち」と「おはぎ」はごちそうでした。

「ぼたもち」と「おはぎ」は、基本的には同じものを指していますが、
春分のお彼岸に食べるのが「ぼたもち」で、
秋分のお彼岸に食べるのが「おはぎ」です。

「ぼたもち」は「牡丹もち」と書き、牡丹の花は春に咲くことに由来し、
ぼたもちの形は、牡丹の花のように大きくて丸い形にします。

「おはぎ」は「お萩」と書き、萩の花は秋に咲くことに由来し、
おはぎの形は、萩の花のように小さくてやや細長い形にします。

また、小豆は秋に収穫されることから、
秋に食べる「おはぎ」は、皮ごと使った粒あんを使い、
春に食べる「ぼたもち」は、硬くなった小豆の皮を取り除いた
こしあんを使います。