クリスマスツリーを手作りしましょう。段ボールで。コルクで。布で。

冬は楽しいイベントがたくさんあるシーズン。

その中でも大人も子供も楽しみに
している人が多いのがクリスマスでしょう。

この時期になると街はイルミネーションでキレイに飾られ
ロマンティックな雰囲気になり、デパートやショッピングモールでは
クリスマスプレゼントがたくさん売られています。

そんな楽しいクリスマスは自宅でも十分に楽しみたいもの。

そこで欠かせないのがクリスマスツリーです。

でも自宅にはクリスマスツリーがない。

そんな方は簡単に手作りしてみるのはいかがでしょうか?

今回はさまざまな材料で作ることができる
クリスマスツリーをご紹介しようと思います。

20081207cardboard-christmas-trees3

段ボールで作ってみる

ダンボールのクリスマスツリーは大きく作ることができるので
お子さまがいるご家庭などにおすすめです。

まずは材料ですが、作りたい大きさにあわせた
ダンボールを準備しましょう。

そして色画用紙や絵の具、カラースプレーなどと、
飾り付けに使うものも用意しておきます。

それでは早速作っていきましょう。

まずはツリーの絵を書いて、
ダンボールをカットしていきます。

木の枝や葉っぱの部分を3段ぐらいにして、
三角を重ねたような形でデザインしましょう。

同じものを2枚準備します。

そして、2枚を直角にはめ込めるように
1枚は下半分に1枚は上半分に切れ込みを入れます。

これを絵の具で緑色に塗っていきます。

そして乾かしましょう。

キレイに乾いたら、子供と一緒に
飾り付けをしていきましょう。

折り紙で飾りを作ってもいいし、子供が絵を書いてもいいし、
ボタンやスプレー缶でカラーをつけても楽しいです。

子供と一緒にオリジナルのクリスマスツリーを作りましょう。

  [スポンサードリンク]

コルクを使ったクリスマスツリー

私は以前にワインバーで働いていたことがあって、
クリスマスシーズンにワインのコルクを使った
クリスマスツリーを作ってお客様に喜んでいただきました。

作り方は簡単で、同じ高さのコルクを丸く一段貼り合わせたら、
そのうえに一回り小さくコルクを丸く貼り合わせていきます。

これをどんどん重ねていくだけです。

そして、だんだんになっている部分には
ビーズなどで飾り付けをすれば
シンプルで大人っぽいクリスマスツリーが出来上がりです。

ワインの香りがほんのり香る
クリスマスツリーをお楽しみいただけますよ。

布を使ったクリスマスツリー

もうすこしインテリアに合ったものを作りたいなら
フェルトを使ったクリスマスツリーがオススメ。

準備するのは厚紙とフェルト。

まずは厚紙を好きな大きさの円錐形にして貼り合わせます。

縦長のシルエットがクリスマスツリーにはオススメです。

この円錐形にフェルトを貼ります。

緑や赤のフェルトを貼って、
リボンやボタン、ビーズなどで飾り付けしたら
シンプルで素敵なクリスマスツリーの出来上がりです。

もうすこし凝ったものが作りたいと思ったら、
フェルトを小さめの丸に切って、
それを重ねて貼っていくと
個性的なクリスマスツリーになります。

飾り付けはあまりやりすぎないのがオススメです。