クリスマスツリーの飾り方について。上手に飾るコツは?順番は?

もうすぐ、みんなが大好きなクリスマスがやってきますね。

今年のクリスマスはどうやって過ごそうか、
どんなプレゼントを用意しようかと
考えるだけでワクワクしてきますね。

そんなクリスマス気分をより盛り上げてくれるものと言えば
クリスマスツリーでしょう。

でもクリスマスツリーって意外と
上手に飾り付けるのは難しいと思いませんか?

そこで今回はクリスマスツリーの飾り方についてご紹介いたしましょう。

  [スポンサードリンク]

クリスマスツリーを飾る順番は?

まずはクリスマスツリーの飾り方の
大まかな順番をご紹介しましょう。

はじめに、ツリー本体を組み立てていきます。

次に電飾やライトをとりつけていきます。

そしてオーナメントを付けて、最後に
ツリースカートをかぶせたら出来上がりです。

クリスマスツリーの本体を組み立てるときに
気を付けたいことは、できるだけ枝や幹が見えないように
枝葉をバランスよく全体的にしっかりと広げることです。

元気のよいもみの木の印象になるように、
枝の先をちょっとだけ上向きにすると良いでしょう。

次にライトを巻きつけていきますが、
この時、ツリーの上部から下部にむけて
全体的にらせん状に電飾を巻きつけていきます。

巻き終わったら電球の先端部分が外側を向くようになおします。

コードは目立たないように枝の中にかくすようにしましょう。

ライトの巻き付け方は他にも、前面だけにライトがくるように
ジグザグに取り付けたり、上から下に流す様に取り付けてもよいでしょう。

そしてオーナメントをかざっていきます。

まずはツリートップから。

一番てっぺんの枝を3つ折りぐらいにして
そこにトップを差し込みます。

そしてオーナメントは大きなものから
順番につけていきましょう。

大き目のオーナメントがバランスよく飾れたら
残りの小さいオーナメントを付けていきます。

最後にツリースカートを付けて出来上がりです。

PMP70TBDX

クリスマスツリーの飾り方のコツは?

ではクリスマスツリーをお店のように上手に飾るコツはあるのでしょうか?

一番大切なのは全体のバランスが良いことです。

ツリーの枝が全体にバランスよく開いているか、
ライトもバランスよくついているか、
オーナメントが偏っていないかという部分になります。

全体をかざり終わった後で少しずつ
微調整をしてあげると良いでしょう。

わが家でも毎年クリスマスツリーを飾りますが、
なんだかオーナメントがバラバラになってしまうことがよくあります。

やっぱりよく考えながら飾らないといけないですね。