クリスマスローズの育て方について。地植えは?鉢植えは?

皆さんは、お庭やベランダでお花や植物を育てたりしていますか?

家庭菜園をたのしまれている方や
お花を育てている方も少なくないでしょう。

沢山のお花の種類がありますが、
最近人気のクリスマスローズはいかがでしょう?

今回は可憐な花をつけるクリスマスローズの育て方をご紹介いたします。

cimg1900

クリスマスローズとは?

クリスマスローズはキンポウゲ科の多年草で、
ヨーロッパから中国あたりまで分布していて
その種類は15~20種類と言われています。

常緑のものも多いですが冬に枯れてしまうものもあります。

日本で栽培の対象とされているのは
主にオリエンタリアの交雑群で愛好家も多いです。

クリスマスローズは丈夫な性質で寒さに強くて育てやすいです。

真夏の直射日光や高温多湿が苦手で、秋から生育をはじめて、
冬から早春に花を咲かせ、夏になる前に休眠にはいるということです。

クリスマスローズの育て方

  [スポンサードリンク]

それではクリスマスローズの育て方をご紹介しましょう。

地植えの場合

まずは地植えでの育てかたです。

場所は明るい半日陰で東向きの落葉樹の下など
水はけがよく風通しも良いところがよいでしょう。

用土は石灰岩系で腐葉土や緩こう性化成肥料などの元肥を施して植えます。

水やりは、夏は乾くところではマルチングなどで
乾燥と地温の上昇を防いで、
夕方にたっぷり水を与えるようにしましょう。

秋や春の乾くときは時々水を与えます。

鉢植えの場合

次に鉢植えでの育てかたです。

鉢植えで育てる場合には、冬開花中のクリスマスローズは
鉢を南向きの日陰において、霜や風を避けるようにすると
花の傷みが少なくて長期間鑑賞することができます。

暖房のきいたお部屋に置くのは辞めましょう。

4月頃に花が傷んでくるので花茎を元から切り取ります。

水やりは夏は枯らすことが多いので
土の表面が乾いていたら朝か夕方に
水を与えるようにしましょう。

クリスマスローズはすこし乾き気味に育てる方がよいです。

実は地植えの方が育てやすいので、
水やりが面倒という方は地植えで育ててみてください。

クリスマスローズの花言葉

クリスマスローズの花にもいくつかの花言葉があります。

・追憶
・私を忘れないで
・私の不安を取り除いてください
・慰め
・スキャンダル
など。

クリスマスローズってなんだか可愛らしい名前で育てたくなりますよね。

今年の秋はクリスマスローズを育てて、
可愛らしいお花を楽しむというのもいいですね。

冬に咲く花ってパワーを貰えそうですからね。