母の日の由来はなんでしょうか?

1905年5月9日、母の死をきっかけに、
アメリカのウェストバージニア州に住む少女が、
生前母の好きだった白いカーネーションを教会で配り、
この日を母を感謝する日として祝日とする運動が
アメリカ全土に広まりました。

そして1914年に当時のアメリカ大統領ウィルソン氏が、
5月の第2日曜日を母に感謝する「母の日」として祝日としたのが由来です。

日本では、キリスト教関係団体により母の日の普及活動が行われ、
1947年に5月の第2日曜日を「母の日」とすることが決まりました。

母の日のカーネーション

母の日設立のきっかけとなった少女の活動から、
亡くなった母には白いカーネーションを贈り、
健在な母には赤いカーネーションを贈る習慣が出来ました。

images

また、カーネーションは、十字架にかけられたキリストを見送った
聖母マリアが落とした涙の後に生じた花である、とも言われています。

花言葉は、

白いカーネーションは「私の愛は生きている」、
赤いカーネーションは「愛を信じる」で、

どちらも母性愛を象徴するものとされ、
カーネーションはまさに母の日の花なのです。

2014年の母の日は、5月11日です。
ちなみに2015年は5月10日ですね。

母の日のプレゼントは、当日に間に合うように早めに準備しましょう。

  [スポンサードリンク]

母の日のプレゼント

毎年、母の日のプレゼントに頭を悩ませていませんか?
人気の母の日のプレゼントを紹介します。

定番のカーネーション

母の日と言えばカーネーションです。
花を貰うと喜ぶお母さんは多いと思います。

赤いカーネーションを花束でプレゼントしてもいいですし、
赤や白以外にも、ピンク、オレンジ、イエローのカーネーションもあるので、
お母さんのイメージで華やかな花束も素敵です。

花束以外に、ブリザーブドフラワーも最近は人気があります。

ブリザーブドフラワーは、生花のようなみずみずしさを保ちながら、
水やりの手間もいらず長く美しい状態を楽しむことが出来ます。

エステの招待券

お母さんに、日頃の疲れを癒して美しくなってもらえるように、
エステの招待券を贈るのはいかがですか?

母の日が近づくと、ホテルのエステの「母の日プラン」が出てきます。
また、娘と母の2人でペアエステできるプランもあります。

女性情報誌「OZmagazine」のインターネット版「OZmall」では、
OZ限定プランで上質のリラクゼーションサロンが予約できます。
↓↓↓

母の日用のエステプランを利用できるギフトチケットもありますね。
エステプランは、OZmall特別メニューでお得になっているのでおすすめです。