年賀状の書き損じはどうしたらいいの?手数料はかかるの?

そろそろ年賀状の予約がスタートして、
今年はどんなデザインにしようか、
何枚準備しようかと悩む時期となってきました。

でも、年賀状って毎年手書きにしてもプリントするにしても、
ちょっとした書き損じやプリントがずれてしまうなど
失敗が出てしまいませんか?

私は毎年、何枚か無駄にしてしまっていました。

けれども、実は年賀状の書き損じは交換してもらえるってご存知でしたか?

今回は年賀状の書き損じの交換方法などについてご紹介いたします。

  [スポンサードリンク]

書き損じの年賀状の交換方法

年賀状を書き損じた場合には、
お近くの郵便局にもっていけばいいのです。

書き損じた年賀状をもっていくと、
手数料を払えば交換をしてもらえます。

交換できるものは、通常切手のほか
郵便はがきや郵便書簡、特定封筒となっています。

また、年賀状の販売期間内に持っていけば、
年賀状との交換も可能となっています。

交換の期間は特にないので、年賀状販売の時期が
過ぎてしまっている場合でも、切手などとの交換ができます。

また去年やおととしの年賀状の書き損じであっても交換ができ、
この場合も年賀状販売期間内であれば、
今年の年賀状と交換もできるということです。

今までの書き損じや、あまりをとってあるという方は、
まとめて交換してもらってもよいでしょう。

2007110101

書き損じの年賀状交換の手数料はいくら?

上記で書いたように、書き損じの年賀状は
交換が可能ですが手数料がかかります。

郵便局に問い合わせたところ、
年賀状の場合の交換手数料は1枚当たり5円となっています。

ですから、10枚まとめて年賀はがきに交換してもらう場合には
50円の手数料がかかるということになります。

もちろんん、通常切手などに交換する場合にも
同じように手数料がかかります。

このように手数料はかかりますが、一枚50円はする年賀状ですから、
書き損じたからと言って捨ててしまうよりは、
5円の手数料を支払っても交換することをおすすめします。

服喪により使わなくなった年賀状の無料交換

せっかく年賀状を準備したけれど、近親者に不幸があったりして
結局年賀状を使わなくなったということがあります。

その場合には無料で通常切手などとの交換を受け付けています。

無料交換期間は手持ちの年賀状の販売開始日から
販売終了日となっているのでできるだけ早めに交換しましょう。

このように、書き損じの年賀状を交換することは簡単にできます。

分からないことは最寄りの郵便局で直接質問してみましょう。