忘年会の余興について。簡単に盛り上がるものは?クイズは?

忘年会の季節、幹事を任されてしまって
どんな風に盛り上げたらいいか悩んでいる。

そんな話をよく聞く様になりました。

幹事は自分が楽しむだけでなく、
参加者みんなが楽しめるような余興などを
準備しなくてはいけません。

そこで今回は忘年会の余興としてオススメの
クイズやゲームなどをご紹介いたします。

103

誰でも参加できるゲーム

誰にでも理解できて参加できる
ゲームといえばビンゴゲームですね。

あらかじめビンゴカードを準備して、商品を用意しておけば
皆がドキドキわくわくしながら参加できるのでお勧めですが、
賞品を準備するので予算がかかってしまうことも気になりますね。

予算に余裕がある場合には、ちょっと豪華な賞品を準備して
皆のやる気を盛り上げましょう。

年末○×クイズもオススメです。

このゲームは、会場内を○と×の場所に分けます。

そして会社にまつわる○×クイズを読み上げていきます。
(クイズ内容は事前に考えておきましょう)

次に、参加者が正解だと思う方へと移動します。

20秒ぐらい経ったら司会者がストップをかけます。

そして正解を発表します。

これで正解を選んだ人だけ残って
クイズをつつけることができて、
最後まで残った人が優勝となります。

これも誰でも簡単に参加できるので楽しめます。

  [スポンサードリンク]

広い会場でイメージ借り物競争

定番のゲームなのでご存知の方も多いと思いますが、
一応ご紹介しておきましょう。

参加者は希望で5、6人集めておきます。

そして一人一人に別の借りるべきものを書いた紙を渡します。

これを2分以内で会場内の人から借りてくるというゲームです。

紙に書かれているのは、物の名前ではなくてイメージなので
イメージに一番近いものを借りられた人が勝ちということになります。

イメージで借りてくるので、人それぞれ
面白い発想があったりして、それだけで盛り上がります。

参加者はもちろんですが、みているだけでも
楽しいのでみんなで盛り上がれますよ。

このように忘年会の余興として楽しめるゲームやクイズは
いろいろありますが、内容によっては狭いスペースでは
難しいものなどもありますから、
その会場にあわせた余興を選ぶのも、
幹事の腕の見せ所と言ったところでしょう。

いくつものゲームやクイズを考えておいて、
会場に合うものを最終的に決めればいいと思います。

せっかく参加するのでしたら、みんなも勝てば
賞品を貰える方がうれしいので、前もって準備しておきましょう。