忘年会のゲームについて。チーム対抗でできるのは?全員参加できるのは?

そろそろ年末の準備をしなくてはいけない時期がきました。

年末は職場で締めがあったり、家庭では大掃除があったりと
あわただしく過ぎていきますが、そんな中で
忘年会を楽しみにしている方も少なくないと思います。

そんな忘年会では、食事やお酒を飲むことなどももちろん楽しみですが
ゲームなどでみんなで盛り上がるのもいいですよね。

そこで今回は忘年会で盛り上がれるゲームについてご紹介いたしましょう。

  [スポンサードリンク]

全員参加できる定番ゲーム

やはり忘年会のゲームの定番と言えば、ビンゴですね。

ビンゴ大会をする場合には、ビンゴカードとビンゴマシンが必要ですが、
最近のビンゴマシンはデジタル化していて、
とっても便利でスピーディーです。

これが有れば、忘年会以外でも宴会の時に楽しめるのでいいですよ。

そして、もうひとつ懐かしのゲームと言えば伝言ゲームです。

忘年会参加者を何組かのグループに分けたり、
テーブルごとに分けて伝言ゲームをします。

グループの一人にだけ何か文章などを伝えて、
次々に伝言していきますね。

この時、ちょっと間違えやすいような文章にすると、
とても盛り上がります。

この他にも誰でも知っている山手線ゲームなどがありますね。

規模がどの程度の忘年会かによっても、
どのゲームが適しているかはちがいます。

ぜひ、その時の状況に合わせてゲーム選びをしましょう。

033330

最後に勝ち負けが決まるゲーム

大人が集まる忘年会だからこそ楽しめるゲームがあります。

それが、100円玉争奪戦というゲームです。

これは、参加者全員が100円玉を1枚準備します。

そして二人組になってじゃんけんをします。

勝った人は負けた人から100円玉を貰います。

これで残った人が、また二人組になって
じゃんけんをして勝った人が100円玉を貰う。

この方法で最後の一人に成るまでじゃんけんをしていきます。

ひとりひとりが出すのは100円だけですが、
最後に残った人は全員分を貰えるというわけです。

参加者が50人なら5千円ですが、
100人なら1万円とかなり額も大きくなってきます。

これは絶対に勝ちたいと思う人も多いでしょう。

会社の忘年会や趣味のサークルの忘年会といっても人数が多くて、
知らない人ばかりで人見知りしてしまっている人もいます。

そんな人もためらわずに参加できて、
皆で盛り上がれる様なゲームは
比較的定番ゲームであることが多いです。

誰でも参加できて、皆が楽しめるゲームをすれば
誰の心にも楽しい忘年会として残るでしょう。