風邪薬の副作用について。どんな副作用があるの?対処法は?

風邪をひくと病院に行く時間もないから、薬局やドラッグストアで市販の風邪薬を買ってきて飲むだけですますという人も多いでしょう。

たいていは処方箋が無くても購入できるので副作用の心配をしている人も少ないと思いますが、薬を服用するときにはやはり副作用についてきちんと知っておく必要があります。

そこで今回は、風邪薬の副作用についてご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

風邪薬の副作用ってどんなものがあるの?

薬は風邪薬に限らず副作用があるものです。

副作用があることを知らずに服用して、自分の症状の理由がわからないと困りますから、きちんとその知識を持ったうえで服用するようにしましょう。

風邪薬の副作用として、一番知られているのが眠気ですね。

風邪薬の中に入っている成分の抗ヒスタミン剤の副作用で、眠気のほかにのどの渇き、だるさも副作用として挙げられます。

また、めまいや吐き気といった副作用を感じる人もいます。

しかし、このような副作用は一時的なもので長時間続けて服用しない限りはあまり気にすることもないでしょう。

このような副作用は軽いものですが、ごくまれに重い副作用を感じる人もいます。

例えば、アレルギー反応。

じんましんやかぶれなどの発疹が出る人がいます。

またひどいアレルギー反応でアナフィラキシーショックが起こる場合もあります。

この場合には呼吸困難やじんましん、全身麻痺といった症状が現れます。

ほかに肝機能障害、間質性肺炎などの症状も稀にありますから、このような症状が出た場合には、薬の服用を中止してすぐに病院を受診しましょう。

kazeyobou-90cf0f10d718ad1520b4f56a25fbf428

風邪薬の副作用の対処法は?

上で紹介したような軽い副作用の場合には、とくに問題はありません。

気になるような場合は、薬の服用をいったん中止しましょう。

けれども、明らかにひどい副作用の場合には、すぐに薬の服用を中止して、飲んだ薬を持って病院を受診する必要があります。

人によっては薬を飲むとじんましんが出るなど自分でもその症状をある程度理解している人もいるでしょう。

このような場合には、基本的には市販の風邪薬を飲まずに専門医に相談して症状に合った薬を処方してもらうようにしましょう。

また、眠気の副作用がある薬を飲む場合には、車の運転をしないなど気を付けないといけないことがあります。

眠気の副作用がある薬は就寝前に飲むなど、飲む時間を考える必要もありますね。

多くの副作用があることは認識して、正しく薬を服用しましょう。