「昭和基地」は、天体・気象・地球科学・生物学の観測を行う
日本の南極観測拠点です。

昭和基地は、南極大陸から西に約4キロメートル離れた東オングル島にあり、
日本から直線距離で約14,000キロメートル離れています。

東オングル島は南極大陸と氷でつながっているので、
この氷が解ける夏以外の季節に、昭和基地から南極大陸に渡ります。

南緯69度00分、東経39度35分、標高は29メートルで、
日本との時差は6時間です。

平均気温は、-10.6℃で、最低気温はー45.3℃です。

images

昭和基地の歴史

1951年に国際地球観測年が提唱され、日本もこれに参加しました。

1955年に日本に南極観測が要請され、
1956年に南極観測船「宗谷」で第一次観測隊が東オングル島に出発し、
1957年に「昭和基地」を設立しました。

昭和基地の施設

昭和基地の施設は、大小60以上の棟からなり、管理棟、居住棟、発電棟、
汚水処理棟、環境科学棟、観測棟、情報処理棟、衛星受信棟、焼却炉棟、
放送棟、燃料タンク、ヘリポート、太陽電池パネル、貯水用ダムもあります。

隊員には、4畳半の広さの個室が与えられています。

もちろんお風呂もあって、お湯は循環式で発熱器の熱を利用します。

また、管理棟内では、人工光源で野菜の栽培もおこなっており、
隊員達の日々の食事に使われます。

  [スポンサードリンク]

南極地域観測隊員

南極地域観測隊員は約60名で、そのうち約40名が越冬します。

夏期間には、夏隊員と越冬隊員の仕事に大差はなく、
所属するチームの仕事と、野外観測や野外での建設工事等を行います。

冬期間は、越冬隊のみで全ての仕事をこなすため、
本業の仕事を行いながら、単調な南極の冬の生活を過ごすために、
娯楽や気分転換になることも企画したりすることもあるそうです。

南極、昭和基地を舞台にした映画

南極を舞台にした映画はたくさんありますが、
中でも最も有名なのは「南極物語」です。

images

「南極物語」は、第一次越冬隊と一緒に南極に渡った樺太犬15頭の話です。

第一次越冬隊が第二次越冬隊と引き継ぎ交代する際に、
悪天候のため、無人の昭和基地に樺太犬15頭が置き去りされてしまいます。

極寒の地に餌もなく残されてしまった犬達と、
犬係だった二人の越冬隊員の苦悩が描かれており、
最後は、1年後に犬係だった越冬隊員が、
生き残った兄弟犬タロとジロに感動の再会をします。

また、南極での生活を描いた「南極料理人」は、
原作は、海上保安官出身の西村淳氏のエッセイ「面白南極料理人」で、
南極観測隊員だった西村氏が、
南極大陸のドームふじ観測拠点で越冬する隊員の料理長として
面白おかしく奮闘する姿が描かれた映画です。