土用の丑の日といえばうなぎですね。
皆さんは土用の丑の日の意味をご存知でしょうか。

「土用」とは、四立と言われる、
立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間を意味します。

「丑の日」とは、十二支を用いて日にちを数えるときに使われます。

つまり「土用の丑の日」とは、
土用の約18日間のうちの、12日周期で数えて丑の日となる日のことです。

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

土用の丑の日と言えば、うなぎを食べる習慣があります。

うなぎは、奈良時代から滋養強壮によいと言われていて、
万葉集にも「夏バテで痩せてしまったらうなぎを食べなさい」と
歌われているそうです。

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が広まったのは、
江戸時代の蘭学者「平賀源内」が、知り合いの鰻屋さんのために
「丑の日にはうなぎを食べよう」という広告を店先に貼ったことで、
鰻屋さんが大繁盛したことから、という話は有名です。

平賀源内が、万葉集の歌を参考にしたという説もあります。

2014、2015、2016年の土用の丑の日は?

2014年(平成26年)

土用丑の日(冬):1月18日 1月30日
土用丑の日(春):4月24日
土用丑の日(夏):7月29日
土用丑の日(秋):10月21日 11月2日

2015年(平成27年)

土用丑の日(冬):1月13日 1月25日
土用丑の日(春):4月19日
土用丑の日(夏):7月24日 8月5日
土用丑の日(秋):10月28日

2016年(平成28年)

土用丑の日(冬):1月20日 2月1日
土用丑の日(春):4月25日
土用丑の日(夏):7月30日
土用丑の日(秋):10月22日 11月3日

1年に6回も土用の丑の日がありますが、
うなぎを食べるのは、夏の土用の丑の日が一般的です。

  [スポンサードリンク]

うなぎの高騰

近年、老舗の鰻屋さんで、うなぎの高騰に伴って、
うな重の値上げが相次いでいます。

images

うなぎが高騰している理由は、
うなぎの稚魚である「シラスウナギ」が取れなくなったことです。

10年前はたくさん取れていた稚魚が、今ではほとんど取れないらしく、
一時は、稚魚の値段は10年前の10倍以上になっていました。

しかし、2014年のシラスウナギの漁獲高は
回復傾向を示したとのニュースが出ています。

今年の夏は、うなぎを手ごろな値段で食べることがかもしれません。

うなぎの名店

全国各地のうなぎの名店を紹介します。

川千家(東京都葛飾区)

安永時代に創業された老舗中の老舗の川魚料理専門店です。
柴又帝釈天の門前にあり、うな重、鯉こくなどが味わえます。

本家柴藤(大阪府大阪市)

八代将軍吉宗が愛したうなぎの老舗店です。

ご飯とご飯の間にうなぎを挟んで蒸す「間蒸し」を考案し、
上方うなぎの代表と呼ばれています。

桜家(静岡県三島市)

安政3年に創業された老舗店で、静岡で最も有名な鰻店です。

守り続けた家伝の味で、開店前から大行列です。

あつた蓬莱軒(愛知県名古屋市)

1人前に1匹半のうなぎを贅沢に使った「ひつまぶし」で有名なお店です。

この「ひつまぶし」は、あつた蓬莱軒の登録商標です。