「血圧」とは、心臓から送り出された血液が動脈の内側の壁を押す力をいいます。

心臓が血液を押し出し、その圧力が最高に達したときが「最高血圧」で、心臓が休んでいて、その圧力が最低に達したときが「最低血圧」です。

日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインによる基準では、最高血圧が139mmHg以下、又は最低血圧が89mmHg以下の場合正常血圧であるとされています。

それ以上の場合、

Ⅰ度高血圧:最高血圧159mmHg以下、または最低血圧99mmHg以下
Ⅱ度高血圧:最高血圧179mmHg以下、または最低血圧109mmHg以下、
Ⅲ度高血圧:最高血圧180mmHg以上、または最低血圧110mmHg以上

に分類され、「高血圧症」と診断されます。

images

高血圧が引き起こす病気

高血圧を放っておくと、以下のような病気を引き起こすことがあります。

・心筋梗塞、狭心症
・脳卒中、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、
・動脈硬化
・糖尿病

高血圧だとわかったら、早めに改善を行い、場合によっては病院で治療を開始することが、こわい病気を引き起こさないために大切です。

  [スポンサードリンク]

高血圧を改善する方法

(1)食生活の改善

高血圧を改善するために、食生活を改善することが必要です。

まず、食塩摂取量を減らします。

目標は1日6gまでとすることです。

醤油やソースの代わりに、レモン汁やコショウなどを使うと、減塩がうまくできます。

また、料理は全般的に薄味にします。

images

アルコール摂取量を少なくして、カリウムとマグネシウムを上手に摂取するために、野菜や果物を積極的に食べます。

そして、魚油に含まれる不飽和脂肪酸は降圧効果があるため、青魚を食べることも高血圧の改善に役立ちます。

(2)運動量を増やす

内臓脂肪型の肥満の人は、高血圧になりやすい傾向があります。

適度な運動を行い、適正体重を維持しましょう。

運動は、ウォーキングや水中運動、サイクリングなどの有酸素運動を1日30分程度を目安に行います。

自分で血圧を短期間に下げる方法はこちらが詳しいです。

(3)禁煙する

喫煙が高血圧の直接の原因であるかは明確ではありませんが、たばこを吸うと一時的に血圧が上がることは確かです。

また、喫煙によって、動脈硬化、心筋梗塞や脳卒中のリスクが増えることも確かなので、高血圧の人は出来れば禁煙する方が良いでしょう。

(4)定期的に病院に行く

高血圧体質は遺伝することが多いため、生活を見直すだけでは高血圧の症状が改善しないこともあります。

その場合は、定期的に病院に行き、医師に相談してください。