初詣は素敵に着物を着て行きたい!~男性編~

初詣に着物を着たいけど難しそう…と、
諦めている男性はいませんか?!

女性の着物に比べて男性の着物は、
手ごろな価格で購入出来ますし、揃える物も少ないです。

なので気軽に着物にチャレンジする事ができます。

男性が着物を着る為に知っておきたいマナーと、
初詣に着物を着る為の情報をご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

着物の種類と格式

必要以上に難しく考える必要はありませんが、
着物は着るシーンによって、種類があります。

普段着や外出用と、フォーマル用とに分かれます。

まずは着物には、

「色羽二重」→「お召」→「紬」

という順番で「格」の高さがあります。

フォーマルな場では、「色羽二重」を着用します。

「紬」は普段着に近い着物です。

mkim9522-m-01-dl

値段が高かったとしてもフォーマルな場では着られません。

因みにフォーマルな場での着物は、
必ず紋入りである事が絶対条件となります。
(紋の数は関係ありません)

結婚式や成人式、大学の卒業式などの機会に着ます。

普段着や外出用として着物を着る際には、
「着物」「帯」「下駄・草履(雪駄)」の3つが最低限必要になります。

着物にはウールや麻、木綿や絹などの素材があります。

木綿やウール素材の着物は、
スリーシーズン(夏以外)着用出来ます。

木綿の着物は肌触りが良く、
家庭でも間単に洗濯が出来るのが特徴です。

ウールの着物は暖かく、皺になりにくいのが特徴です。

ウールの着物も家庭で洗濯出来る物もありますが、
クリーニングに出した方が良いと思います。

因みに夏場は、浴衣や薄手の木綿の着物、麻の着物を着ます。

帯には「角帯」と「兵児帯」があります。

男性が着物を着る際は、
基本的には角帯を使います。

角帯の幅は約9㎝、長さは約4m15㎝くらいです。

次に出来れば揃えておきたい物ですが、
着物の上に羽織る「羽織」、着物の下に着る「襦袢」(下着の役割)、
「足袋」、襦袢を締めたり帯の下に補助で使う為の「伊達締め」です。

こちらは無くても大丈夫ですが、
初詣時期の着物ですと寒いので、
用意した方が良いでしょう。

正式な場以外でしたら、
着物の下は自分に合った物を着て大丈夫です。

襦袢の代わりにTシャツを着ても構いません。

着物の着付けについては、
動画で確認してみて下さい。

着付けのポイントは、

①懐は余裕を持たせてゆったりと

②帯は下腹を支えるように締める

③衿はうなじにしっかり沿わせる

④衿元にはゆったり余裕を

以上を抑えておけばOKです!

51LF8Si6KfL

男性の着物は、初心者でも簡単に着られます。

着物に慣れてきたら、
自分なりの着方を見つけて下さい。

更に着物を楽しむ事が出来ます!

初詣まであと少しなので、
必要な物を揃えたら着付けの練習をして下さいね。

素敵な着物姿で新年を迎えましょう!