二分の一成人式の内容は?どんなことをするの?手紙の書き方は?

二分の一成人式は、ここ数年の間に一般的となってきた新しいイベント。

成人になる20歳の半分の年に当たる
10歳をお祝いするイベントで
主に小学校4年生を中心に学校などで
式典などがおこなわれるようです。

それでは、実際に二分の一成人式では
どのような事がおこなわれているのでしょうか?

気になる二分の一成人式について、ご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

二分の一成人式ってどんなことをするの?

二分の一成人式は、年度末に全員が10歳になる
小学校4年生とその保護者を招いて
学校などで授業の一環として行われます。

その内容はさまざまですが、
10年間の感謝の気持ちを込めた手紙や作文を
子どもが書いて両親に渡したり、
発表したりするところが多いようです。

また歌なども歌ってお祝いをします。

両親からも二分の一成人式おめでとうということで、
今迄の思い出をつづった手紙を贈るという学校も多くあります。

二分の一成人式が始まった由来などについてはこちらを御覧ください。

二分の一成人式では、自分が歩んできた
今までの10年に多くの思い出があり、
周りの人に感謝することを学び、
さらに未来への希望を持つことが大切ということです。

また、両親にとっては小さかった子供が立派に成長し、
自分の夢をもって向かっていく姿をみることで
成長を実感することができます。

nibunn

二分の一成人式で送る手紙

二分の一成人式では、子供へお祝いの手紙を
書くようにお願いされる学校もあります。

そんなとき、どんな手紙を書けばいいのでしょうか?

もちろんご両親の素直な気持ちを書けばいいのですが、
手紙を書くのが苦手という方もいますから、
そのポイントをご紹介しましょう。

先ず大切なのは、お祝いのお手紙である
ということを忘れないことです。

ですから、普段怒ってばかりいるご両親も
我が子の成長をお祝いする内容にしましょう。

はじめに生まれてきたときのことを思い出してみます。

待ちに待った我が子の誕生をどのように感じたか
その時の思いを素直に書きましょう。

そして、その後今までに心配していたこと
成長を実際に感じられる瞬間など
少しずつ折りこんで書いていけばいいと思います。

子どもにとって小さいころのことは
覚えていないことが多いですので、
その頃のエピソードを交えて書くと良いでしょう。

そして、最後に未来へと羽ばたく子供への
お祝いと願いを込めた言葉で締めくくりましょう。

難しく考えることはないのです。

素直に子供への気持ちを書けば、
きっと喜んでもらえるでしょう。

二分の一成人式では、子供の成長を実感するとともに
今後、成人までをしっかりと見守っていこうと
新たに思える機会でもあります。

写真撮影をして、手紙を添えたフォトブックを
プレゼントする方も多いようです。

素敵な式典となるように、手紙などの準備も忘れずに。