集中力がない子供…その原因とは?

集中力がない子供…原因ってなんなのだろうかと悩みますよね。

集中力がない子供の原因は様々あります。

様々なストレスが子どもの心身にも降りかかり、そのような事が原因となり、集中力がない子供になっている可能性もあります。

その他にも原因はありますので、集中力がない子供のその原因に関してお話したいと思います。

  [スポンサードリンク]

集中力がない子供の原因①勉強によるストレス

学校での勉強や塾通い、受験でのストレスは、本人が気付いていなくても溜まっています。

例えば勉強に付いて行けなかったり、自分の目標に達せなかったりなど。

気付かぬうちに本人もプレッシャーを感じ、それがストレスとなってしまっています。

それが根底にあり、集中力がない状態を作り出しているのです。

concept04-02

集中力がない子供の原因②生活環境のストレス

子供の主な生活環境は、学校生活と家庭生活になります。

学校生活でのストレスの原因は、大人が分からない所で様々な事があります。

教師や友達との付き合い、いじめ問題。

進級や転校や卒業。

例を挙げたらキリがないくらい、たくさんの問題を抱えています。

友達との付き合いで問題を抱えていると、毎日の登下校の際や休み時間…様々なタイミングで避ける事は出来ない状況です。

それは子供にとっては、本当に大きなストレスとなります。

もちろん大人でも人間関係の悩みは尽きませんよね。

しかし子供は大人以上に、その問題を解消する手段が無いのです。

生活環境でのストレスとしては、親からの愛情不足や兄弟げんか、両親の不仲や離婚、親の教育方針などが挙げられます。

134495701851129500

現代では共働きの家庭も多いので、どうしても子供と接する時間が少なくなってしまいがちです。

大人の考えでは仕方のない事ですが、子供達は寂しかったりするのです。

もっと両親からの愛情を欲しているのです。

両親の不仲や離婚という環境があると、大人が思っている以上に子供達はストレスを感じています。

また親が教育方針を強く持ち強要し過ぎていると、それもかなりのストレスとなってしまいます。

集中力がない子供の原因③自律神経の乱れ

人間の体は大人や子供関係なく、健康維持や良質な睡眠のために、自律神経が重要な役割しています。

自立神経が乱れていると、集中力や記憶力の低下などの症状を引き起こします。

また、テスト勉強にもやる気が出なくなってしまいます。

寝不足や不規則な食生活などが続いていると、自律神経が乱れてしまいます。

shutterstock_145678016

現代はゲームやパソコン、スマートフォンに夢中になる子供も多いですよね。

程々であれば問題はないのですが、適度な運動はやはり必要です。

体を動かし適度に疲れる事によって、良質な睡眠を得る事もでき、自律神経を整えてくれます。

ストレスを抱えているのは、大人だけではありません。

子供たちもストレス問題は沢山あるのです。

集中力がない子供の対処法としては、バランスの良い食事や適度な運動も大切です。

子供だけでは解決出来ない事は沢山あります。

集中力がない子供だからとイライラせずに、大人がきちんとその原因を見極めて対処する事を心掛けましょう。