新年会の挨拶どうする?!文例をご紹介!

新年会は新しい年を迎えて、
会社の行事で1番初めにあるイベントです。

新年会ではしっかりした挨拶をして、
幸先良いスタートをしたいですね。

今回は新年会に相応しい挨拶の文例と、
新年会の流れについてご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

新年会とは?

職場や知人たちと、新年を祝うイベントです。

新年会と言ってもお酒は飲まず、
目標を掲げたりした激励会の場合もあります。

どのような内容だったとしても、
気を引き締めて挨拶はしなければなりませんね。

新年会の流れとは?

開会宣言→新年の挨拶→(来賓からの祝詞など)→乾杯の挨拶と乾杯
→飲食など→締めの挨拶→閉会宣言

基本的な流れはこのようになっています。

5000-07

新年会の挨拶のポイント

過ぎた昨年の悪い事を持ち出すのは、
絶対にNGです!

ネガティブな発言ではなく、
ポジティブな事を話しましょう。

新年を祝う言葉→現在の状況や環境→今年の目標や抱負→激励の言葉
の4つで構成した挨拶が好ましいです。

新年会の挨拶の長さ

時間の長さは5分以内が良いでしょう。

言いたい事がたくさんあっても、
上手く簡潔にまとめて下さい。

新年会の挨拶の文例①

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

おかげさまで昨年は○○プロジェクトがスタートし、
忙しい年になりました。

好調な滑り出しだったのも、
皆さんが力を存分に発揮してくれたおかげです。

結果を着実に積み重ねていくことが、
これからの課題だと思っております。

今はまさに 我々にとって
追い風が吹いていると思います。

今年はこの事業をがさらに向上するよう
気を緩めることなく一層の努力をお願いします。

全社一丸となって頑張っていきましょう!
よろしくお願いします。

新年会の挨拶の文例②

新年明けましておめでとうございます。

昨年は文字どおり手探りで突き進んだ
大変な一年でしたが、
皆のやる気に満ちた顔を拝見出来たことに
感謝いたします。

当社も創業◇年目を迎えますが、
改めて積み重ねていくことの大切さを
感じることができました。

そして更なる向上を目指し、
攻めの姿勢で頑張って頂きたいと存じます。

全員が一丸となって歯をくいしばって
がんばっていきたいと思います。

やることは山積みですが、
今年も力を合わせてがんばっていきましょう。

よろしくお願いします。

新年会の挨拶の文例③

あけましておめでとうございます。

今日からまた仕事が始まります。

昨年は新しい商品を開発し、
手探りで突き進んだ大変な一年でしたが、
皆さんのおかげでまいた種が花を咲かせました。

今年はこれが実を結んでくれることを
目標にしたいと思っています。

とにかく皆さんひとりひとりが、
出来ることから始めてください。

新しい年も我が社にとって
よい年でありますように。

また、皆さんにとっても
素晴しい年でありますよう祈念いたします。

本年もよろしくお願いたします。

新年会の挨拶を成功させて、
気持ちの良い一年をスタートさせましょう!