節分の鬼の衣装を簡単に手作りしよう!

節分には鬼のお面を被るだけではつまらない…
衣装を購入するほど本格的じゃなくてもいいかな…
節分の衣装を手作りしたいけど不器用…

そんな方におすすめなのが、手作り鬼のパンツです!

鬼のお面だけでは物足らなくても、
鬼の定番トラ柄パンツをプラスするとグッと節分感が出ます!

今回は節分の衣装で使える手作り鬼のパンツの作り方を、
分かり易くご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

節分の衣装手作り鬼のパンツの作り方①

必要な材料は、トラ柄の布地、ゴム(ウエストに通す用)、
チャコペン、ミシン、アイロン、裁縫用ハサミです。

z3385

トラ柄の布地を用意し、
柄が横向きになるようにして平らに置きます。

横幅はヒップ÷2+30㎝、縦幅はズボンの丈+6㎝の長さに
トラ柄の布を切っていきます。

ズボンの丈はお好きな長さにして下さい。

同じものを2枚作って下さい。

切った布を中表にして、2枚を合わせます。

チャコペンを使って両脇に、股上カーブの線を書きます。

(例えば10×35センチなどの長さですが、
着る方のサイズに合わせて調節して下さい。)

書いた線に沿って布を丁寧に切ります。

節分の衣装手作り鬼のパンツの作り方②

トラ柄の布を中表にした状態のまま、
先程カットした股上カーブを縫っていきます。

縫い代は1cmにして下さい。

ほつれを防止する為に、外側も3mmくらい縫いましょう。

2枚合わせのうちの1枚の、股下の部分を折り返します。

次に縦半分に綺麗に折ります。

節分の衣装手作り鬼のパンツの作り方③

股下の部分を真っ直ぐに縫っていきます。

縫い代は1cmにして下さい。

ほつれを防止する為に、外側も3mmくらい縫いましょう。

次はウエスト部分に取り掛かります。

最初は1cmに、次は2cmの幅で布を三つ折りにします。

アイロンで折り目をしっかり付けて下さい。

3cmくらい残して、布を縫っていきます。
(ゴムを通すために残します。)

節分の衣装手作り鬼のパンツの作り方④

2523_l

最後に裾の部分です。

1.5cmの幅で、三つ折りにします。

アイロンで折り目をしっかり付けてから、布を縫っていきます。

全て縫い終わったら布を表の状態に戻し、
ウエスト部分にゴムを通したら完成です!

専用の型紙を使わなくても、
鬼のパンツでしたら簡単に手作り出来ます。

布の縫い方は、お好きな縫い方で大丈夫です!

鬼役の大人の方が着てももちろん良いですが、
小さなお子様が着ても可愛いですよ。

お子様用に手作りする場合には、パンツの幅は
少しゆったり気味の方が動きやすいです。

節分の衣装を手作りして、お手軽に鬼を演出して下さいね!