恵方巻きの由来を分かり易くご紹介!

最近は恵方巻きの風習が、全国的に広まっていますよね。

節分が近づくとスーパーやコンビニでも、
恵方巻きが並んでいる光景を多く見かけます。

節分の日に恵方巻きを食べているみなさん、
恵方巻きの由来ってご存知でしょうか?

実はあまりよく分かっていないという方って、
けっこう多いのではないでしょうか。

今回は恵方巻きの由来を分かり易くご紹介します!

  [スポンサードリンク]

恵方巻きの由来は?

節分の日に巻き寿司、今で言う恵方巻きを
食べるようになったのは、江戸時代末期からと言われています。

節分がある季節はお新香が美味しく漬かる時期でした。

美味しく漬かったお新香を巻いた巻き寿司を、
その年の縁起の良い向かって食べていたそうです。

そうして縁起を担いでいました。

この風習が恵方巻きの由来の起源と言われていますが、
庶民にはまだあまり浸透してはいなかったようです。

その後1970年後半に大阪の船場で、
恵方巻きに関するチラシが配布されました。

001

客商売は1年の中で2月が売上が一番少ない時期です。

そこで「土用の丑の日」の風習を見習って、
お寿司屋さん(海苔屋)が活動し始めました。

商売繁盛のために、恵方巻きを販売したのです。

そして関西地方では節分の日に恵方巻きを
食べる習慣が、徐々に浸透し始めました。

1977年に大阪の道頓堀で、
恵方巻きの早食い競争が開催されました。

この頃から関西地方以外にも、
節分に恵方巻きを食べる風習が広がったようです。

恵方巻きの名前の由来は?

「恵方巻き」という名前は昔からあるのではなく、
「節分の巻き寿司」や「丸かぶり寿司」、
「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」と呼ばれていました。

1989年に大手コンビニのセブン-イレブンが、
「恵方巻き」という名前で巻き寿司を発売しました。

img_1063245_37310687_0

その店舗(広島県)のオーナーは大阪出身でした。

恵方巻きを食べるという縁起のいい風習を紹介し、
次々と全国で恵方巻きを販売する事が広まりました。

2003年から2004年頃には全国のスーパーやコンビニで、
恵方巻きは大きく宣伝されるようになりました。

コンビニでの命名が恵方巻きの名前の由来とは、
けっこう意外な感じがしますよね!

恵方巻きの認知度はどれくらい?

2002年頃に日本では、約半数の人しか
恵方巻きを知らなかったようです。

2006年頃になってから、9割以上の人が
恵方巻きを知ることになったのです。

スーパーやコンビニなどの業者さんのアピールで、
一気に恵方巻きの認知度は上がったのですね。

最近では具の種類や恵方巻きの大きさも豊富になり、
どんどん恵方巻きはバーションアップしています。

近所で簡単ご購入できるのが嬉しいですね。

恵方巻きは自宅で手作りしてもいいですね!

恵方巻きの由来が分かったので、
節分には子供にも恵方巻きの由来を伝えましょう!