恵方巻きの基本レシピをご紹介!

節分の日に食べると縁起が良い恵方巻きですが、
スーパーやコンビニでもすぐ購入できますよね。

しかし恵方巻きは、ご自宅で
とっても簡単に作る事が出来ます!

お好みの具を入れられるメリットもあるので、
ぜひ恵方巻きを手作りしてみましょう。

そこで恵方巻きの基本レシピや保存方法について、
ご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

恵方巻きの基本レシピ

太巻き4本分のレシピになります。

材料

材料は、米2合、昆布2×10㎝くらい、米酢大さじ2.5、
砂糖大さじ2、塩小さじ1、海苔4枚、桜でんぶ大さじ3くらい、
具材:でんぶ適量、干ししいたけ3~4枚、卵2個、かんぴょう適量、
高野豆腐1枚、人参1/2本、きゅうり1本

35d4e11fe9f232405112dff909d88734

作り方

①米を研いだら水を少なめに入れます。

 出し昆布を入れて炊きます。

 干ししいたけは水で戻しておきます。

 かんぴょうは小さじ1の塩で軽く揉み洗いをし、
 その後水につけて戻します。

 人参ちきゅうりはスティック状に切ります。

 米酢、砂糖、塩を器に入れて、レンジ温めて溶かします。

②鍋に分量外のだし汁(500CC)、砂糖(大さじ3)、
 みりん(大さじ1.5)、薄口醤油(大さじ1)、
 塩(小さじ2/3)を入れ沸騰させます。

 そこへ高野豆腐、人参、かんぴょう、干ししいたけを入れます。

 蓋をして弱火で15分くらい煮ます。

③冷めたら具材の水気をしっかり切りましょう。

 高野豆腐は人参の大きさに合わせて切ります。

 干ししいたけは薄くスライスします。

④卵をボウルに入れてよく混ぜ、卵液を3回に分けながら、
 卵を焼き、厚焼き玉子を作ります。

⑤米が炊けたら①で用意した調味料を入れて、
 しゃもじで切るようにして混ぜます。

 この時うちわで扇ぎながら冷ましましょう。

⑥巻きすの上に海苔を1枚置き、4当分にした酢飯を乗せます。

 酢飯は海苔の上下端から2センチくらいスペースをあけて、
 平らになるように敷き詰めて下さい。

⑦具材を横1列に乗せていきます。

 両手の親指で巻きすの方を、人差し指で海苔の方を持ち、
 一気に巻いていきます。

 左右端から具が少しはみ出しても大丈夫です!

⑧最後に中央から両端へ向かって、
 キュッと押さえて形を整えたら完成です。

恵方巻きの保存方法

すぐに食べない場合は正しい方法で保管しましょう。

恵方巻きをキッチンペーパーで包んで、
それをさらにラップで包みます。

冷暗所にて保管しましょう。

恵方巻きは冷蔵庫で保管すると、
酢飯が硬くなるので基本的には避けましょう。

生物が具材として入っている場合は、保管には注意が必要です。

基本的には恵方巻きを作ったら、早めに食べましょう。

今回ご紹介した恵方巻きは基本のレシピですので、
お好きな具材で作ってみて下さいね!

小さなお子様がいる家庭は、ぜひ一緒に作ってみて下さい!