恵方巻き方角の意味と方角の決め方をご紹介!

節分の日に食べる恵方巻きですが、
毎年決まった方角を向いて食べますよね。

恵方巻きを食べる際の方角を恵方と呼びますが、
その恵方と呼ばれる方角にはきちんとした意味があります。

今回は恵方巻きの方角の意味と、方角の決め方、
2016年の方角についてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

恵方ってなに?

恵方とは、その年の縁起の良い方角を指します。

その方角は歳徳神(としとくじん)という神様のいる方角です。

歳徳神は金運や幸せを司る神様です。

歳徳神はとても美しい姫神だそうです。

toshitoku

年徳や年神様などとも呼ばれています。

歳徳神のいる方角は毎年変わるので、
恵方も毎年変わっていきます。

その年の恵方に向かっていろいろな事を行うと、
縁起が良いとされてきました。

昔は初めての行事の際は、恵方に向かって行ったそうです。

恵方巻きの方角の決め方は?

恵方は基本的に四方になります。

その恵方と十干(じっかん)を組み合わせる事で、
恵方巻きの方角が決まります。

十干とは甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類です。
(こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き)

zikkan

十干は中国から伝わり、暦を表す事などに使われます。

この十干と恵方の組み合わせにより、
その年の恵方巻きの方角が決まります。

2016年の恵方巻きの方角は?

2016年は「南南東」の方角です。

その年の恵方巻きの方角を調べる方法はいくつかあります。

恵方の早見表というのが昔からあります。

最近では恵方を調べるホームページや、アプリがあります。

senrioka-info.net」というサイトでは住所を入力すると、
地図が表示され今年の恵方巻きの方角が分かります。

ちょっと便利帳」というサイトでは西暦と住所を入力すると、
その年の恵方巻きの方角が分かります。

iPhoneアプリでは、「恵方コンパス」というのがあります。

地図が苦手な人にとっては、
このようなサイトやアプリはとても便利ですね!

恵方巻きの正しい食べ方は?

恵方巻きの正しい食べ方には、3つのルールがあります。

1つ目は、その年の恵方を向いて恵方巻きを食べる事です!

恵方巻きを食べている最中によそ見をしてしまうと、
ご利益を得ることが出来ないそうです。

2つ目は、最後まで黙って恵方巻きを食べる事です!

恵方巻きを食べている最中に喋ってしむと、
ご利益を得ることが出来ないそうです。

食べ終わったら楽しくお話しして大丈夫ですが、
恵方巻きを食べている間は無言でいましょう。

3つ目は、恵方巻きを一気に食べる事です!

恵方巻き食べている最中に休んだりすると、
ご利益を得ることが出来ないそうです。

恵方巻きはがぶっと1本、一気に食べましょう。

なので小さなお子様の場合は、少し細めに巻くと良いですね。

今年の恵方を調べたら、
3つのルールを守って恵方巻きを食べましょう!