井の頭恩賜公園の桜を見に行こう!

井の頭恩賜公園は、関東では有名な桜の名所です。

毎年多くの人で賑わいを見せる井の頭恩賜公園の、
桜情報や桜の見どころをご紹介します!

  [スポンサードリンク]

井の頭恩賜公園の基本情報

井の頭恩賜公園は大正2年に、
日本で最初の郊外公園として決定されました。

その後井の頭恩賜公園は画的に整備され、
地元の人々を中心に親しまれています。

井の頭恩賜公園にある井の頭池は、
三代将軍徳川家光が命名したと言われています。

井の頭恩賜公園は井の頭池だけでなく、
自然文化園のある御殿山や運動場もあります。

ミニ動物園もあり、お子様を中心に人気です!

500_10569388

住所は東京都武蔵野市御殿山1-18-31です。

JR中央本線、京王井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩約5分と、
アクセスしやすいのも人気のポイントです!

入場料は無料で、休園日はありません。

井の頭恩賜公園の桜情報

例年の井の頭恩賜公園の桜の見ごろは、
3月下旬~4月上旬となっています。

井の頭恩賜公園の桜の本数は、約500本です。

井の頭恩賜公園の桜の桜の種類は、
ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラです。

井の頭恩賜公園の桜の時期の例年の人出は、
約66万人とかなり人気の桜スポットです。

関東の人気お花見スポットランキングでは、
第6位に選ばれています。

井の頭恩賜公園の桜の見どころ

井の頭池周辺には約250本の桜が咲き乱れます。

池に映った桜がとても美しいです。

ボートをこぎながら見るのもおすすめです!

cherry12

水面に散り敷く桜も、また違った美しさがあります。

井の頭池にかかる七井橋からの桜の眺めも、
外せない見どころの1つです!

井の頭恩賜公園は自然に溢れているので、
森林の中をのんびり散策しながら桜を楽しめます。

都会の喧騒を忘れさせてくれ、とても癒されます。

園内はとても広いので、歩きやすい靴で行きましょうね!

井の頭恩賜公園の周辺おすすめ施設

井の頭恩賜公園のすぐ隣にある
「三鷹の森ジブリ美術館」がおすすめです!

チケットは日時指定の予約制で、事前の購入が必要です。

全国のローソンで購入が出来ます。

土日祝日はチケットの入手も大変なので、
早めにチケットは準備しておきましょう!

館内にある小さな映画館では、
オリジナル短編アニメーションも見られます。

小学生以下限定ですが、ネコバスに触れ合う事も出来ます。

ジブリの世界に浸れるおすすめスポットです!

カフェ「麦わらぼうし」もとても人気で、
不思議で素敵な時間を過ごす事ができます。

井の頭恩賜公園は桜まつりなどはありませんが、
とても人気のお花見スポットです。

井の頭恩賜公園内に咲き乱れる桜を見て、
春の訪れを感じに行きましょう!