京都醍醐寺の桜見ごろはいつ?見どころは?

京都醍醐寺の桜は、
豊臣秀吉が花見を行ったことでも有名です。

そんな古くからの桜の名所京都醍醐寺の、
桜情報や見どころ、イベント情報をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

京都醍醐寺の桜情報

京都醍醐寺の桜の例年の見ごろは、
3月下旬~4月上旬となっています。

京都醍醐寺の桜の本数は約800本で、
桜の種類はかわづ桜、ソメイヨシノ、山桜、
八重ザクラ、大紅しだれなどです。

とても多くの種類の桜が咲いており、
様々な桜の美しさを堪能する事ができます!

関西の行ってみたい桜名所ランキングでは、
第1位に選ばれています。

京都醍醐寺の桜の見どころ

京都醍醐寺の門をくぐった瞬間、
目の前に美しい桜並木が続きます。

まさに桜のトンネルのようです。

樹齢100年を超えるソメイヨシノもあります。

寺宝が約10万点以上も収められている霊宝館ですが、
その周辺のシダレ桜がとても見事です!

桜の大木が横に広がっていて、とても優美です。

こちらの桜は咲くタイミングがわりと早いそうです。

4月の初めまでには行った方が良いかもしれませんね。

img_1

建造物の大半が重要文化財に指定されている三宝院は、
京都醍醐寺に行ったら外せないポイントです!

三宝院前の桜はとても見応えがあります。

国宝に指定されている表書院は、
庭園全体を見渡す事ができるのでおすすめです。

庭園には桜はないのですが、歴史を
感じさせてくれる趣きと華やかさがあります。

E4B889E5AE9DE999A2-f1d17

金堂わきの大山桜もとても美しいです。

京都醍醐寺の桜は、約3週間の間楽しむ事ができます。

京都醍醐寺の境内には色々な桜の種類があるので、
ぜひじっくり見て回りたいですね。

京都醍醐寺の春のイベント情報

京都醍醐寺では毎年 
4月の第2日曜日に、
「豊太閤花見行列」が開催されます。

これは豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」を再現した行列が、
京都醍醐寺の境内を練り歩きます。

舞楽観賞なども楽しめる華麗で豪華なイベントです。

かなり混雑しますので、覚悟が必要です!

京都醍醐寺の拝観料

京都醍醐寺内は、三宝院、伽藍、醍醐寺霊宝館の3か所のみ、
拝観料が必要になります。

それぞれ1か所600円になります。

お得なセットもあり、2か所セットは1000円、
3か所セットは1500円になります。

前もってどこを拝観するか決めておいて、
お得なセットを利用しましょう!

京都最古の建築物の五重塔や菩薩時など、
京都醍醐寺には見どころがたくさんあります。

京都醍醐寺はいたる所に様々な種類の桜が咲いています。

歴史的建造物と桜のコラボレーションは、
とても趣きがあり感動させられます!

京都醍醐寺境内もとても広いので、
全部しっかり見るなら半日くらいはかかります。

京都醍醐寺に桜を見に行く際は、
時間にゆとりがある時がおすすめです!