仁和寺の桜の見ごろや見どころをご紹介!

世界遺産に登録されている仁和寺ですが、
桜の名所としても昔から有名です。

仁和寺の桜情報や見どころ、
仁和寺周辺のおすすめ宿泊施設をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

仁和寺の桜情報

仁和寺の桜の例年の開花時期は、
4月上旬~4月中旬となっています。

仁和寺の桜の種類は御室桜(オムロザクラ)や
ソメイヨシノで、桜の本数は約200本です。

御室桜は京都市内一遅咲きの桜で、
2mから3mほどと丈が低いのも特徴です。

天然記念物法により、国の名勝にも指定されています。

御室桜開花期間中は観桜料が必要で、
大人500円、小中学生200円となっています。

仁和寺の桜の見どころ

中門をくぐるとすぐ左側に、御室桜の桜並木があります。

丈に低い御室桜が、それはもう見事に咲き乱れています。

やはり御室桜の魅力は、丈の低さにもあります。

実際に見ると顔を埋めたくなってしまうような近さで、
御室桜の花を堪能する事ができます。

身近に眺めることができますので、
御室桜には他の桜とは違った良さがあります。

五重塔をバックに御室桜を写真撮影するのがおすすめです!

2_1

仁和寺の境内は広いですがいたる所で、
ソメイヨシノや御室桜を楽しむことができます。

仁和寺の開運おまもりは桜の形をしていて、
とても可愛らしいので女性に人気があります。

他にも桜をモチーフにしたお守りや小物があります。

女性の方へのお土産にもおすすめです。

世界遺産に泊まることが出来る?!

なんと仁和寺に宿泊することも可能なんです!

事前に予約が必要ですが、1名~10名用と
部屋の種類もいくつかあります。

そして仁和寺に宿泊された方は、
仁和寺の「朝のお勤め」に参加する事ができます。

非公開文化財の国宝金堂の中に、特別に入れるんです!

国宝金堂でロウソクだけの明かりの中、
読経や僧侶による法話が聞けます。

とても厳かな雰囲気で、心が洗われるようです。

非公開文化財の中に入るなんて、
なかなか出来ない体験ですよね。

ちょっと心が疲れている人や、
歴史に興味のある人には特におすすめです。

朝の仁和寺境内のお散歩も、
とても清々しい気持ちになれます。

また仁和寺の宿泊者には、
「仁和寺御殿」の無料拝観券がサービスされます。

仁和寺周辺のおすすめ宿泊施設
ルブラン・ペンション宇多野

caption

所在地は、京都府京都市右京区鳴滝本町110-5です。

仁和寺を筆頭に世界遺産の金閣寺や龍安寺までも、
歩いて行ける場所にあります。

ルブランペンション宇多野
ご夫婦2人だけで経営しているペンションで、
とてもアットホームな雰囲気です。

夕食には本格的なフランス料理を味わう事ができます!

仁和寺は京都らしさが詰まったお寺です。

春は本当に桜が見事なので、混雑はしますがおすすめです!

仁和寺は広いので、歩きやすい靴でお出掛け下さいね。