富士毘沙門天大祭はどんなお祭り?

富士毘沙門天大祭…名前は聞いたことがある人は多いでしょうが、
どんなお祭りかってよく分かりませんよね。

そこで今回は、富士毘沙門天大祭についてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

富士毘沙門天大祭が行われる妙法寺って?

妙法寺は静岡県富士市今井2-7-1にあるお寺で、
聖徳太子が作ったと言われる毘沙門天が祀られています。

毘沙門天王像の身体を御布でよくさすると、
身体の痛むところをとり去ってくれるそうです。

和風、中国風、インド風の建物が同じ敷地内にあり、
少し変わったお寺ということでも有名です。

妙法寺は、オリエンタルな雰囲気が漂っています。

hatsumoude15

妙法寺には縁結びの樹や銭洗いの池など、
様々なご利益があることでも有名です。

富士毘沙門天大祭って何?

富士毘沙門天大祭は静岡県富士市にある妙法寺で、
旧暦の1月7~9日に開催される祭りです。

そして縁起物の「だるま」がたくさん販売される事から、
「毘沙門天大祭 だるま市」と呼ばれています。

富士毘沙門天大祭だるま市は群馬県の高崎、東京の深大寺と並ぶ、
日本三大だるま市と呼ばれる祭りの1つです。

富士市の一大イベントの富士毘沙門天大祭は、
来場者数においては全国一と言われています。

富士毘沙門天大祭の来場者は50万人だそうです。

・富士毘沙門天大祭はどんなお祭り?

富士毘沙門天大祭の開催期間は、
2015年2月25日(水曜日)~2月27日(金曜日)です。

富士毘沙門天大祭の開催時間は、9:00~21:00です。

有料ですが駐車場はあります。

富士毘沙門天大祭の期間中には、
来場者は毘沙門天王のご神体を拝み願い事をします。

すると毘沙門天王が、
人々の願い事を叶えてくれると言われています。

また富士毘沙門天大祭では、
多くの露店とだるまが販売されます。

様々は種類や大きさのだるまが露店に並び、
富士毘沙門天大祭はとても活気に溢れています。

だるまは300円前後から数万円のものまであります。

毘沙門天大祭では「ダルマ開眼受付」が特設されます。

本堂に向って左手にあり露店で購入しただるまに、
その場で目を入れてもらうことが出来ます。

開眼料金はだるまの大きさによって異なります。

富士毘沙門天大祭周辺の宿泊施設は?

富士毘沙門天大祭から近くにある、
おすすめ宿泊施設は「休暇村富士」です。

住所は、静岡県富士宮市佐折634になります。

田貫湖畔に立つ旅館なので景色が良く、
全ての客室から美しい富士山を望むことが出来ます。

本館とは別にコテージもあるので、
大人数での宿泊にもおすすめです。

施設周辺は自然に溢れているので、
温泉と食事で癒された後はお散歩するのも良いですね。

富士毘沙門天大祭ではカード決済はできないので、
現金を持って行くことを忘れないようにして下さいね!