覚えておきたい!入学祝いのお返し、のしがいるの?書き方は?

幼稚園に、小学校、中学校、高校、そして大学。

子どもの入学に際して、入学祝いを頂く機会はなんどかありますね。

そんなとき、お礼の電話や挨拶状をおくりますが、
それにプラスしてお返しの品を贈るという方もいるでしょう。

そんなとき、熨斗は必要なの?書き方は?
そんな疑問を持っている方も少なくないと思います。

そこで今回は、入学祝いのお返しにつける
熨斗についてご紹介しますので覚えておきましょう。

  [スポンサードリンク]

入学祝いのお返し

入学祝いは一般的には経済力のない子供へのお祝いということで、
お返しは必要ないと言われています。

入学祝いは祖父母や叔父、叔母など親しい身内から頂くことが多いので、
お礼の電話で済ませる方も少なくないと思います。

そういった親しい身内の場合は、お互いの子供の
入学の際にお互いがお祝いをする形でもよいでしょう。

けれども、相手に子供がいない場合や、身内ではなく
友だちやご近所の方などにいただいた場合には、
お礼と共に頂いた金額の半分から三分の一程度の
品物をお返しとして送りましょう。

入学祝いのお返しに熨斗は必要?

入学祝いのお返しをする際には、品物の上に熨斗を書けます。

のしの表書きは、「内祝」または「入学内祝」とします。

入学内祝

そして、出来れば小学校の入学祝いのお返しの場合には、
熨斗に子どもの下の名前かフルネームを入れるようにしましょう。

どちらがいいというわけではありませんが、
小学生ぐらいなら下の名前だけでも良いでしょうし、
中学校以上はフルネームを書くなどにすればいいでしょう。

入学祝いのお返しはいつ頃、何を贈ればいいのか?

35d8dddc2e924b6.__520_346__r_

入学祝いのお返しについて、熨斗の書き方はわかりましたね。

それでは、いつ頃送ればいいのでしょうか。

お祝いを頂いたら、できるだけ早く
3日以内に電話でお礼をいいましょう。

また、書状でお礼をだしてもよいでしょう。

さらに、頂いてから1か月以内には
お返しを準備して贈るようにしましょう。

贈るものとしては、お菓子などが一般的です。

とくに春らしい桜のモチーフのお菓子などもオススメです。

贈る相手によって和菓子や洋菓子は使い分けましょう。

いかがでしたか?

一般的には入学祝いのお返しは必要ないとはいわれていますが、
相手によってはしっかりとお返しをしたいと感じることでしょう。

そんな時は、お返しのマナーをわきまえて
失礼のないようにプレゼントをえらんだり、
熨斗を準備するようにしましょう。