ひな祭りとは

3月3日の「ひな祭り」は、女の子の健やかな成長と幸せを願う行事です。

ひな祭りでは、ひな人形を飾り、
行事食は、菱餅、ひなあられ、白酒や甘酒、はまぐりのお吸い物、
ちらし寿司です。

ひな祭りをもっと楽しむために押さえておきたい
基礎知識&ポイントはこちらにまとめています。

ひな人形

女の子が産まれて初めてのひな祭りでは、
一般的に母方の祖父母からひな人形が贈られます。

images

ひな人形は、その子にふりかかる災いを
身代わりとなって引き受けてくれるものなので、
代々受け継ぐものではありません。

女の子が生まれてから無事に成人すると、
雛人形の役目を終えたことになると言われています。

  [スポンサードリンク]

ひな祭りの行事食

菱餅

下から緑、白、桃色の順番で3色のひし形のお餅が重ねられたもので、
雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている春の情景を表現しています。

また、緑は「健康」、白は「清浄」、桃色は「魔よけ」の意味も
込められています。

菱餅は、市販のものを購入しても良いですし、
菱餅風の他のお料理を作る人も最近は多いようです。

レシピサイト「COOKPAD」には、
菱餅のレシピがたくさん掲載されていて参考になります。

ひなあられ

一般的には、菱餅と同じ3色で彩られますが、
黄色を加えて華やかにすることもあります。

「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。

ひなあられは、関東と関西では違います。

関東のひなあられは、米を用いたポン菓子を砂糖で甘くしたものです。
形も米粒のような細長い形をしています。

関西のひなあられは、餅を用いたあられのしょうゆ味や塩味です。
形は直径1cm程度の丸い形をしています。

白酒、甘酒

昔は、桃の花びらを漬けた「桃花酒」が飲まれていました。

江戸時代からは、みりんを蒸した米や麹に混ぜて熟成させた「白酒」が
親しまれるようになりました。

白酒はアルコール度数が10%程度あり、大人しか飲めません。
甘酒は、アルコール度数が1%未満なので、お子様でも安心です。

はまぐりのお吸い物

はまぐりは、貝殻が対になっている貝殻同士でなければ
ぴったりと合わないことから、仲の良い夫婦を表すと言われています。

はまぐりのお吸い物は、
「娘が一生一人の人と添い遂げられますように」
という願いが込められています。

ちらし寿司

images

平安時代から、ひな祭りにちらし寿司が食べられるようになりました。

海老、レンコン、豆などの縁起の良い食材を多く用いて、
三つ葉、卵、人参などを加えて、華やかな食事を楽しみます。

ちらし寿司を手軽に家で楽しむには、
昔から耳慣れている「すし太郎」などの、ちらし寿司の素が便利です。