春はお花見!!新宿御苑の桜について、見頃や見どころをご紹介

春と言えば、暖かくなるので外へ出かけたくなりますよね。

やっぱり春といえばお花見。

日本国内には、お花見の名所がたくさんありますが
今回はそんな中でも新宿御苑の桜について、
見頃や見どころについてご紹介いたします。

  [スポンサードリンク]

新宿御苑とは?

新宿御苑は、名前を聞いたことがある方も多いと思いますが
東京都新宿区と渋谷区にまたがる庭園です。

img_2

毎年4月上旬には内閣総理大臣主催の桜を見る会、
11月には環境大臣主催の菊を観る会が開催されます。

「桜を見る会」は、政財界や文化・芸能・スポーツ界など
各界の著名人が約1万人招待され、一般利用はできなくなります。

面積58万3000平方mの広大な公園内では、
約65種約1300本の桜を楽しむことができます。

アクセスは、丸ノ内線新宿御苑前駅や、
都営新宿線新宿三丁目駅となっています。

新宿御苑の桜の見ごろと見どころは?

新宿御苑の桜の見ごろは、毎年3月下旬から4月下旬ぐらいまで。

見どころは、面積58万3000平方mの広大な公園内では、
約65種約1300本の桜を楽しむことができることでしょう。

広大な敷地をノンビリと散策しながら
桜を鑑賞するのは春の楽しみとなるでしょう。

新宿御苑の周辺観光スポットや宿泊施設は?

それでは、せっかく新宿御苑まで足を延ばしたら、
周辺の観光スポットへも遊びにいってみましょう。

まずひとつめのオススメは「聖徳記念絵画館」です。

聖徳記念絵画館は、明治天皇、昭憲皇太后の御聖徳を
長く後世に伝えるために作られた施設で
天皇皇后がおこなった事柄を伝える
80枚の大壁画が年代順に展示されています。

なかなか見ることのできない事柄をじっくりと鑑賞するのもいいですね。

また「花園神社」もオススメ。

江戸時代の内藤新宿のころから新宿総鎮守として祀られる神社で、
祭事以外にもさまざまな催しが行われています。

周辺の宿泊施設ですが、新宿という場所柄もあって宿泊施設は豊富にあります。

新宿パークホテル」「新宿ビジネスホテル
「スターホテル東京」などがありますので
予算などに合わせて選べるでしょう。

いかがでしたか?

新宿という都会のど真ん中で、美しい桜を
たっぷりと鑑賞できるこの新宿御苑は
近郊に住んでいる方だけでなく、働いている方、
そして観光客でも賑わうスポットです。

周りでショッピングも、レジャーも、
宿泊も楽しめるので便利でオススメです。

ぜひ、足を運んでみてください。