お花見!目黒川の桜がすごい!見頃は?見どころは?

春と言えば、お花見ですね。

毎年、近所のお花見スポットへお弁当をもって
出かけているという方もいれば、
いろいろな名所にお花見に出かけるのが
楽しみという方もいるでしょう。

桜は桜でもやはり背景や周辺環境によっても
全く違うものに見えてきます。

そこで、今回は最近とても人気の桜の名所、
目黒川の桜についてご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

目黒川の桜とは?

目黒川といえば、東京都世田谷区~目黒区、品川区を通って
東京湾に注ぐ、約8キロに及ぶ川のことです。

その大橋から目黒駅あたりまでの約3.8キロの川沿いに
約830本のソメイヨシノが植えられています。

ご近所の住む方は、散歩がてらお花見ができるという
とっても贅沢なスポットとなっています。

目黒川の桜の見ごろと見どころは?

目黒川の桜の見ごろは、毎年3月下旬から4月の上旬となっています。

見どころは、川沿いをノンビリ散歩しながら鑑賞できること、
そして夜にはボンボリに火が入るので、夜桜を楽しむことができます。

毎年中目黒桜まつりや目黒イーストエリア桜まつりも開催され、
模擬店や大道芸人なども楽しむことができます。

カップルでお花見に出かかるなら、お花見のあとは
代官山でショッピングやカフェでティータイムなど、
楽しく一日を過ごせそうですよ。

c0126791_2223412

目黒川周辺の観光スポットは?

それでは、目黒川の桜を鑑賞した後に楽しめる
周辺の観光スポットもご紹介しておきましょう。

それが「日本民藝館」です。

民芸運動の拠点として、柳宗悦らが昭和11年に開館した民藝館で
国内外の陶磁器や織物、染め物、木漆工、絵画、竹工、金工、ガラスなど
約1万7000点を収蔵しています。

3か月おきに常時500点が展示されています。

なかなか見ることのできない日本の伝統工芸を
ゆっくりとみられるチャンスなので
ぜひ足を延ばしてみてください。

01_01

周辺の宿泊施設は、幾つかありますが
オススメは「ホテルサーブ渋谷」です。

宿泊料金は5000円前後とリーズナブルで、
焼き立てパンをはじめとするバラエティ豊かな朝食が
無料サービスとなっているのも嬉しいですね。

このほかにも、宿泊施設はいろいろありますので
予算などに合わせてチェックしてみてください。

いかがでしたか?

目黒川周辺は、ドラマの撮影でも使われるような
おしゃれなお店もたくさんあるので、桜を充分に鑑賞した後には、
のんびりとウィンドウショッピングしてもいいし、
カフェで美味しいお茶を楽しむのもいいですよ。

家族連れにもカップルにもおすすめの
目黒川の桜を見に、ぜひお出かけください。